結婚前の自分の貯金ってどうする?相手に教えないのってあり?

bce9ed84d0589ebc21c32f0187b3e362_s

結婚する!というウキウキがひと段落したら気になるのが、それぞれのイベントにかかるお金ではないでしょうか。

結婚式を挙げたり、新婚旅行に行ったり、新居や家具にもこだわりたいなんて言ったら、相当な出費ですよね。

それらの出費はそれぞれの貯蓄から賄われるでしょう。

2人で支払っていくのだから彼に結婚前の貯蓄額を明かして、お互いの貯蓄を1つの口座にまとめてそこから出そう、なんて思っていませんか?

果たしてそれは正解なのでしょうか?今回は結婚前にお互いの貯金を明らかにすべきか、どうしたらお金でもめずに済むか経験を踏まえお話します。

スポンサードリンク

結婚前の自分の貯金ってどうする?

結婚前に仕事をしていた方は、その後の生活のことを考えてある程度の貯蓄をしていたのではないでしょうか。

結婚に向けて支出が多くなってくると、それぞれの貯蓄をまとめてしまうと、管理がとても楽になります。

でも結婚前の貯金の全額を彼の貯金とまとめてはいけません。全額まとめてしまうと後々困ったことになります。

例えばこの先、生活費を旦那さんが管理するようになったら、自由に使えるお金に制限を設けられてしまうかもしれません。

でも女性はいつでも綺麗な格好をして、おいしいものを食べたい!自由に使えるお金がないと、そういった欲求まで押さえつけられてしまい結婚生活はうまくいかなくなってしまいます。

一部は結婚式や新居の準備のために共同の口座に入れるとしても、残りは自分のためにとっておくようにしましょう。

関連記事>>結婚に向けての貯金 平均ってどのくらい?男性女性別に徹底チェック!

自由に使えるお金があるとストレスを溜めずに済みます。彼と幸せな結婚生活を続けるためにも、お互いが別に貯蓄して自由に使えるお金があることは大切なのです。



スポンサードリンク

結婚前の貯金 彼に教えないのってあり?

結婚前の貯蓄を彼とまとめないことについては理解したけど、金額も明かさないのはどうかな、秘密があるのは嫌だと思う方もいらっしゃるでしょう。

でも結婚前の貯金は彼に明かさないことが円満な結婚生活の秘訣なのです。

もし貯蓄額を明らかにしたら、彼はそれを頼りにするかもしれません。きちんと貯蓄をしている彼でも、彼女の貯蓄を知った時にはそれを頼りにして、財布の紐が緩んでしまうかもしれませんよ。

そんなことになったらこの先長い人生をこの人とやっていけるかと不安になってしまうでしょう。

彼に自立してしっかりと歩いてもらうために、余計なお金があることを明かしてはいけません。

筆者は実は結婚前の貯蓄額を彼に明かしてしまいました。長い付き合いの中で、明かしても問題ないだろうと高を括っていました。

それに秘密はよくないかな、なんて安易に考えてしまいました。

結婚式に数百万、新婚旅行と新生活準備にそれぞれ100万以上と大きな出費が続く中で、お互いの貯蓄等でうまくやりくりしましたが、こんなに出費が続いて大丈夫?と聞くと、困ったら貯蓄から援助して、なんて言われてしまいました。

私の貯蓄を当てにしているの?と不安になったことがあります。

彼の一言は冗談でほっとしましたが、大丈夫だよね、と何度も確認してしまいました。

自分の貯蓄を頼りにする生活ではなく、相手に貯蓄はないものとして、別に資産を持っていてほしいものです。

彼には貯蓄額は明かさないようにして、頑張って貯めてもらいましょう!

まとめ

いかがでしょうか?今回は結婚前の貯蓄をどうするかについてお話ししました。

結婚したら2人の間に秘密はない、なんでも共有できる仲なんてとっても羨ましいですが、実際はそうはいきません。

内緒にしていた方が良いこともあるのですよ。その1つが結婚前の貯金額です。

お金に余裕がある方が心の余裕が生まれ2人の仲もうまくいきます。是非結婚前の貯金額は明かさずにもしもの時のためにとっておいてくださいね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です