退職の挨拶 タイミング 社内や取引先にはいつがベスト?順番は重要視すべき?

b20c777549e013b43c79cda02640464d_s

定年まで働いて会社を退職する場合は、社内や取引先もいつごろかだいたい想像がつきますよね。

しかし転職や家庭の事情、また寿退社なんて場合は予期せぬ退職で社内外に混乱が起きるかもしれません。

この場合、どのようにいつ誰に退職することを伝え、挨拶をするか悩んでしまいますよね。

特に寿退社の場合は、退社理由が慶事なので、退職の挨拶をしたら祝福して送り出してもらいたいものです。

今回は寿退社の場合、社内や取引先にどのように挨拶をするべきかまとめます。ベストなタイミングと順番で社会人生活を最後まで美しく飾りましょう!

スポンサードリンク

退職の挨拶 タイミングはいつがベスト?

退職の挨拶をするタイミングは社内と取引先で異なります。

特に取引先では、退職後、誰が業務を引き継ぐのか、業務に支障がないかなど相手を不安にさせないように、事前準備が必要になります。

退職の挨拶では出来るだけ後継の担当者を連れて挨拶に伺い、今後も取引が円滑に進む様に支援したいですね。

いきなり挨拶に伺って、明日から担当が変わります、では失礼なので、退職の2・3週間前には取引先にお伺いし、退職までの間引き継ぎを確実に行うように伝えましょう。

お世話になった取引先には直接お伺いするのが礼儀です。なるべく時間をとって挨拶に伺うべきですが、どうしても時間が取れない場合は、手紙を書くかメールを送りましょう。

この場合も退職の2・3週間前には挨拶をしましょう。

ただし挨拶のタイミングは、事前に上司の確認が必要です。上司や状況によっては退職直前まで公表しない方が良いと判断される場合があります。

勝手に先走って挨拶を済ませると、上司のメンツをつぶすことになりかねません。

退職日までの引き継ぎの計画を報告する際などに合わせて相談しましょう。

一方社内に挨拶する場合ですが、業務に関係する方には事前に退職の報告をして引き継ぎを進めていることでしょう。

改めての挨拶または報告をしていなかったけれどお世話になった方々には退職の当日にご挨拶に伺います。

直接お伺いできない場合はメールで済ませても良いです。

本来は直接お伺いしお礼を述べるべきですが、退職当日となると時間も限られますし、長年お世話になった方が沢山いて挨拶に回り切れない場合もあります。

そういった場合はメールを活用しましょう。メールを送る場合は退職日の勤務終了間際の時間が良いです。

業務時間外にするべきという方もいらっしゃるかもしれませんが、退職者にとってお世話になった人に挨拶を述べるのは最後の仕事として業務の一環であるべきです。

また退職を通知するという意味では退職の事実をその日に知ってもらいたいですから、勤務時間中が良いでしょう。

メールを受け取った方の中には挨拶に出向いてくださる方もいらっしゃいます。そうした関係性も大切にしたいので、退職当日に退職した旨を伝えられるように勤務時間中にメールを送付しましょう。

関連記事>>退職の挨拶での配るお菓子 オススメ5つ厳選!私が実際に用意したのはコレ!


スポンサードリンク

退職の挨拶 社内での順番は重要視すべき?

さて、退職の挨拶ですが、社内の関係者に直接伺う場合は順番を意識しなくてはなりません。

直属の上司にまずご挨拶します。続いて他部署にお伺いしましょう。最後が自部署の同僚です。

ただしご挨拶にお伺いしても不在の場合や、忙しくて時間をとって頂けないことがあります。

直属の上司、自部門はデスクが近いでしょうから時間を見計らって再度ご挨拶に伺えますが、他部署では難しいですよね。
そんな場合は一筆書いてデスクに置くと良いでしょう。

特にお世話になった方は予め時間をとってもらうように依頼すると確実です。

挨拶の順番は絶対に守らなくてはならないということではありません。ゆっくり時間をとってお話ししたい場合は最初や最後に伺うのも良いです。

上司に挨拶出来なかったから他の方も挨拶出来なかったなんてことにならないように、ご自身で判断してどのように進めるか臨機応変に対応してくださいね。

まとめ

いかがでしょうか?今回は寿退社の場合の退職の挨拶についてまとめました。

寿退社の場合は、皆さん祝福で送り出してくれます。でもそれは挨拶をきちんとして、マナーを守ったからなのです。

一緒に働けて良かった、お幸せにと言ってもらえるように最後まで気を抜かずに頑張ってくださいね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です