結婚式の二次会って必要?筆者の経験談お伝えします

MS004-500

結婚が決まり、バタバタと挙式を海外でやろうと思ったけれど、「二次会ってどうしようかな?やる必要あるのかな?」と悩んでいるカップルも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、海外挙式後の国内での二次会について経験談を元にお伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

結婚式の二次会って必要?

私たち夫婦はハワイでの挙式後、国内でお披露目パーティーを執り行いました。

私は初めからハワイで挙式をし、国内でお披露目パーティーもしたいと思っていましたが、主人はあまりこだわりがなく国内ではしなくても良いのではないかという考えでした。

しかし、海外での挙式は参列してもらえるゲストの数も限られており、家族や親戚、親しい友人数名が中心の式となります。

そのため、海外挙式のみで終わってしまうと親戚や多くの友人、同僚など普段お世話になっている方々へのお礼、結婚の報告、お披露目をする機会がなくなってしまいます。

そういった理由から国内でもお披露目会をやりたいと希望を言ったところ、主人も快く承諾してくれ、執り行うこととなりました。

私たち夫婦の共通の考えとして、国内でのパーティーは披露宴のようなかしこまった空間ではなく、友人や同僚が中心の立食形式、ビュッフェスタイルで行いたいと思っていました。

“日頃お世話になっている方々へのお礼”をテーマに、遠方からのゲストも多いため、会場は誰もが分かりやすく交通の便も良い六本木ヒルズを選び、その中でもお料理が美味しいと評判のレストランを選びました。

MS009-500

そして、当日はハワイでの挙式の報告も兼ね、挙式のDVDを上映したり、写真を飾り見てもらえるようにし、なお且つ、友人同士や私たち夫婦とも自由に話せる歓談の時間が中心のパーティーとしました。

また、会費制にすることによってゲストにも気軽に参加できるよう考えました。

この会を開くことによって、友人や同僚へは感謝の気持ちを伝える場を設けることができましたが、幼い頃からお世話になっている親戚へ披露する場がないことから私たちは、親戚は親戚でお披露目をする場を設けました。

親戚でのお披露目パーティーは入籍後すぐに、年配の方も多い為、ホテルのレストランにて座ってゆっくりと食事を取れる形式としました。

こちらの会は本当に結婚のお披露目、親戚同士の紹介がメインのパーティーとなりました。


スポンサードリンク

私たちはこのように、お披露目パーティーを2回に分けましたが、親戚、友人、同僚分けずにお世話になった全ての人をお招きしてお披露目パーティーを執り行っても良いですよね。

挙式後、国内でお披露目パーティーを執り行ったことによって、日頃からお世話になっている方々へのお礼、結婚の報告、お披露目ができたことはもちろん、普段はなかなか会えない友達とも会えて、話す機会が持てました。

社会人になり、学生の頃とは違って頻繁に会えなくなってしまう友人もたくさんいますよね。

そんな友人ともお披露目パーティーを機に会うことができ、嬉しく思います。

初めはお披露目パーティーにはこだわりのない主人でしたが、結果、地元から離れてしまっている普段はなかなか会えない多くの友人と会え、感謝の気持ちを伝え、お披露目することができて本当に良かったと話しています。

海外挙式後、国内でお披露目パーティーをするかどうかを迷っている皆さん。

国内でもお披露目パーティーをすることを強くおすすめします。一生に一度のイベントです!心残りがないようにしてくださいね。

そして最後に、国内でお披露目パーティーを行うことによって、よりたくさんの方にお祝いの言葉をもらい、祝福してもらえるのも特権ですよ。

【結婚・関連記事】
>>結婚指輪 10万以下のおすすめブランド5選!

>>海外の結婚式 費用の平均。私が実際かかった金額はこれ!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です