ハワイ挙式でのチップの渡し方!どのタイミングで渡すのがスムーズ?

h26260073-500

ハワイ挙式を控えている皆さん!

「当日、お世話になる方々にチップを渡す予定なのだけど、いつどのようなタイミングでどのくらいの額を渡すのがいいのだろう。」と悩んでいる方はいませんか?

ハワイに旅立つ前に知っておきたいですよね。

そこで今回は、ハワイ挙式の際のチップの渡し方について、実体験を元にお伝えしていきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク

ハワイ挙式でのチップの渡し方!

日本人にとっては馴染みのない「チップ」という習慣ですが、アメリカでは一般的な習慣となっています。レストランやホテルなどでサービスをしてもらうたびに、お金を渡すことをチップといいます。

もちろん、ハワイでもチップの習慣はあり、結婚式となれば様々なサービスを受けることとなり、チップを渡す必要性が出てきます。

ハワイ挙式の際、基本的に必ず渡さなければならない方は、ヘアメイク、カメラマン、ビデオマン、運転手となっています。

その他にもアシスタントの方等もいらっしゃった場合には必要となってきます。

額としては1人につき、20~$30が相場となっています。

渡さなければならない人が何人もいるので、小さなポチ袋へと入れ、額が違う場合には誰に渡す用か分かりやすくするために、ポチ袋の隅に「ヘアメイクさん」などと書いておくと、スムーズです。

ポチ袋に入れたチップは新郎の胸ポケットなど、すぐに取り出せる場所に入れておきましょう。

ポチ袋ですが、日本らしいデザインのものや和紙でできたものをチョイスすると、珍しいということもあり、喜ばれますよ。

私たちの体験談なのですが、ヘアメイク、カメラマン、ビデオマン、運転手とチップを用意して無事に全員に渡すこともでき、挙式も終わり再びリムジンに乗り込んだところ、行きとは違う運転手の方でした。

余分にポチ袋に入れたチップを用意していたので、足りないということはありませんでしたが、このように行きと帰りでは運転手の方が違う場合もあるので、運転手の方用として2つ用意しておくことをおすすめします。



スポンサードリンク

ハワイ挙式でのチップ どのタイミングで渡すのがスムーズ?

日本人にとってチップという習慣がない分、チップの渡し方やタイミングが難しく困りますよね。

まずタイミングですが、お世話になる方々と最初に会ったタイミング、または、お世話になった方々と別れるタイミングどちらかになります。

最初に会ったタイミングでは、自己紹介をして、「宜しくお願いします。」と挨拶をした時に一緒に渡すようにしましょう。

また、別れるタイミングの際は「ありがとうございました。」のお礼と共に渡すと良いでしょう。

この2つのタイミングがスムーズに自然と渡すことができます。

また、前日など事前にリハーサルメイクがあると、ヘアメイクさんとは2日間会うことにありますよね。その場合は2日分まとめて1度に渡すようにしてください。

ヘアメイクの方に関しては、最初に渡した方が仕事により気合いを入れてくれるという情報もあるので、可能であれば最初に渡すことをおすすめします。

実際に私たちもヘアメイク、カメラマン、ビデオマンの方には最初にお会いした時に挨拶と共に渡しました。運転手の方に関しては、最初の時はタイミングが合わず、行きも帰りも車から降りて、お礼の挨拶と共に渡しました。

私たちの場合は主人の胸ポケットにチップを入れておいたため、そのままスムーズにと主人に全て渡してもらうようにしました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

慣れない習慣だとは思いますが、現地の方にとってチップはお客さんから直接受け取るお給料であり、とても大切なものです。

「宜しくお願いします。」または「ありがとうございました。」の気持ちを込めて、スムーズに渡すことが出来るといいですね。

【ハワイ挙式・関連記事】
>>ハワイ挙式の日焼けは絶対避けたいならこの対策!
>>ハワイ挙式の記事一覧はこちら
素敵な思い出となる、ハワイ挙式になるといいですね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です