結婚の挨拶のお礼状とは?いつ送るのがベスト?

Fotolia_43669053_XS

彼からのプロポーズを受けて結婚に踏み出しているあなた、今一番の心配事はなんでしょうか?

筆者は彼のご両親に受け入れてもらえるか、反対されたらどうしようと心配でなりませんでした。何とか無事にご挨拶を終えたとしても、粗相はなかったか悪い印象ではなかったかと心配は尽きません。

今回は、彼のご両親に挨拶を終えた後、さらに好印象を与える結婚の挨拶のお礼状についてご紹介します。

万が一結婚の挨拶で失礼なことがあってもお礼状を出すことでフォロー出来ますから、安心してご挨拶に出かけてください!

スポンサードリンク

結婚の挨拶のお礼状とは?

結婚の挨拶にお伺いしたら、それで任務完了!結婚式の準備に全力投球、と思っていませんか?

例え結婚の挨拶がとても上手くいって、ご両親に受け入れて貰えたかな、と思っても、気を抜いてはいけません。

きちんとお礼状を作成して、お送りするようにしましょう。お礼状なんて面倒、と思う方も多いでしょう。

しかし、彼のご両親はあなたのために時間を取って会ってくれたのですよ。まずは時間を割いてくれたことに感謝していることを伝えなくてはなりません。

そして、彼との結婚に合意してくれたことへのお礼の気持ちもお伝えしたいですね。

最後に、お礼状を出せばマナーを知っていること、きちんと礼状を出せる人間であるということも彼のご両親に理解してもらえますよね。

お礼状を出すなんて、やりすぎでは?と思う方もいらっしゃるでしょう。でもお礼状が届かないことに対するご両親の不満の気持ちはあっても、お礼状が来たから迷惑とは思わないでしょう。

真面目でしっかりしたお嬢さん、というポイントアップ要素しかありません。ですから、彼のご両親に挨拶に伺った後は、お礼状を出すようにしましょう。

結婚の挨拶のお礼状 いつ送るのがベスト?

彼のご両親に結婚のご挨拶に伺ったら、お礼状は当日に出すのがベストです。時間を置きすぎると、かえって失礼に当たります。

今まで後回しになっていたのね、とご両親から不満の感情が出てもおかしくはありません。感謝の気持ちを伝えるのですから、すぐに出すべきですよね。

遠方の場合は帰宅するので精一杯、当日に出すなんて無理、という方もいらっしゃるでしょう。その場合は遅くても3日以内には出すようにしましょう。

そんな急に文面を考えられない、3日以内なんて出来ないと思わないでください。お礼状は先にほとんど内容を考えておいて、帰宅したら内容を肉付けして清書すればいいんです。

文例や封筒の書き方もまとめてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね。
>>結婚の挨拶でのお礼状の書き方と文例!ご両親に好印象を与えるポイントはこれ
>>結婚の挨拶のお礼状 封筒の書き方!宛名は連名にすべき?


スポンサードリンク

100%自分の言葉で感謝の気持ちを伝えたい、となると、3日では時間が無いのもわかります。

そこまで力を注ぎたいという方は素晴らしいですが、あくまでも礼儀、マナーなので、そこまでこだわる必要はありませんよ。

あまり気張らずに、それよりも早めに出すことに注力して、お礼状を書いてくださいね。

彼のご両親とは何度もお会いしているし、改めて挨拶に伺ったけれどそこまで形式にとらわれなくていいんじゃないの?メールで済ましちゃおう、という方もいらっしゃるでしょう。

結婚の挨拶は、お宅に遊びに行くという気軽なイベントではありません。メールでお礼を伝えるのは失礼なのでやめましょう。

いつもはメールでやり取りしていたとしても、今回ばかりはお手紙をきちんと出して、メリハリをつけるようにしましょうね。

遠方から彼の実家にお伺いした方はさらに完璧に挨拶を済ますアドバイスをします。帰宅したら、彼のご両親に電話をするようにしましょう。

先ほど帰宅しました、本日はありがとうございましたと先にお礼を伝えると好印象です。無事についたかしら、わざわざ来てもらって申し訳ないと思うご両親もいらっしゃいます。

その場合あなたからの連絡を待っているかもしれません。彼から伝えてもらう方法もありますが、これからご両親とお付き合いしていくので、自分で連絡して慣れていきましょうね。

最後に

結婚は当人同士で思ったままに進めることが出来ません。家と家の繋がりになるので、失礼が無いように、今後良好な関係を築けるように努力していく必要があります。

お礼状1つでも、彼のご両親のあなたに対する印象は大きく変わります。素敵なお嬢さん、息子にはもったいないと思ってもらえるようにしたいですね。

彼のご両親に受け入れて貰えれば、今後の結婚生活、ご両親が味方になって守ってくれることもありますよ!幸せな生活へ1歩ずつ確実に進んでいきましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です