ベッドの処分 無料でできる方法ってある?

f86eb35a6d5487844cc8bce341788f17_s

実家を出て一人暮らしをするとなると、家電は新しい物をそろえるとして、家具は今までものを使うという選択肢もありますよね。

でも、この機会に心機一転をしたいという人もいるのではないでしょうか?

でも、家具を買い替えるとなると、今まで使っていたものの処分もありますよね。

今回は、そんな方に向けて、ベッドの処分について紹介していきます!

スポンサードリンク

ベッドの処分 無料でできる方法ってある?

ベッドの処分は、実費として多少かかってしまう方法と、無料でできる方法とあります^^

ベッドは決して小さいものではありません。

処分するとなると、それなりに費用がかかるのではないかと思ってしまう方も多いはず。

処分で一般的なのは、自治体の粗大ごみとして回収してもらうという方法です。

自治体により、かかる費用がバラバラのため、自治体のホームページで確認をしてくださいね。

私は、実際に解体できるタイプのシングルベッドを自治体に処分してもらったことがあります。費用は千円でした。

実際に行なってみて感じたこの方法のデメリットは、回収場所までは自分でベッドを運ばなければならないという点です。

ベッドは重いですし、解体も大変です。

私は、家族に手伝ってもらって解体をしました。それでも、壁に傷を付けてしまいました。

また、回収の日取りは選べません。自治体に指定された日に回収場所にベッドを置いておかなければなりません。

融通が利かないのはデメリットですね。

まだ時間がある方は、ヤフオクなどのオークションを利用する、という方法もあります。

こちらは買い手がつかない場合もありますが、買い手が付けばプラスになりますよ!

ただ、自分で発送などを行なわなければならないので、それを手間と感じる方には難しい方法かもしれません。

次は、リサイクルショップにお願いをする方法です。

こちらは、近くのリサイクルショップに問い合わせて、買取り・引取りをしてもらえないか聞いてみましょう。

解体や持ち運びの手間は省ける上に、日時もこちらの希望を聞いてくれる場合が多いので、自治体よりは良いかもしれません。

スポンサードリンク

ただ、引取費用がかかることがあるので、業者にしっかり確認してくださいね。

私は、シングルのすのこベッドをリサイクルショップに引取ってもらったことがあります。引取費用は、300円ほどでした。

他にも不用品の買取り・引取りをしてもらったので、最終的には500円ほどプラスになりました。

もし、買取りではなく引取りになった場合は、自治体の引取りの料金と比べてみてくださいね。

それでも、持ち運びをしてもらうメリットがあるのであれば、リサイクルショップに頼むのもいいかもしれません。

それでは、最後にベッドの買い替えをする時、今まで使っていたベッドを無料で処分する方法を紹介していきますね。

買い替えであれば、新しいベッドを購入する時に、下取りサービスや無料引取りサービスを利用するという方法があります!

この方法は、買い替えをする時にはとてもありがたいですよね^^

購入するベッドを選ぶ時に、古いベッドを処分してくれるかどうかの確認をしてみてくださいね。

届け先と撤去先が違う場合には引取りができないなんていうこともありますので、注意が必要ですよ!

事前にしっかり確認をしてください。

最後に

今回は、ベッドの処分についてご紹介しました。

一番いい方法は、買い替えの際の下取り・無料引取りサービスです。運び出しもしてもらえますし、日時の指定もできることがほとんどです。

もし、条件が合わない場合は、リサイクルショップにお願いしてみる。

それもダメなら、自分で頑張って解体をして自治体の粗大ごみ回収を利用するのがおすすめですよ。

どの方法にもメリット・デメリットはありますが、自分に合った方法を見つけて早めに行動することがとても大事です。

時間がなくなって不用品回収業者に頼まなければいけなくなった場合、5千円~1万円ほどの引取費用がかかってしまうこともあるんですよ。

無料で引取ってもらえるはずのものに5千円~1万円も取られるのは、すごく損した気分になりますよね。

何事も、早め早めに行動することが、費用を最小限に抑えるコツですよ!

こちらの処分方法もチェックしてみてくださいね^^
>>引越しのタイミングでの服のおすすめ処分方法。さくっと手軽にできるのは?
>>ピアノの処分方法4つまとめ。費用がかからずにできるものも紹介!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です