同棲の間取りのおすすめは?私が実際住んだのはコレ!

6c6ed4178ae4b96e9a8890823edd1ee5_s

結婚を前提に付き合っているカップルの中には、結婚する前に同棲してみたいと考えている人も多いでしょう。

入籍前とはいえ、好きな人とずっと一緒に居られて、考えるだけでワクワクしてしまいますね。

そこで重要になるのが、借りる部屋の間取り。

もちろん予算にもよりますが、2人の生活スタイルや結婚後の暮らし方によっても選ぶべき部屋が変わってきます。

場合によっては、間取りのせいで2人の仲が悪くなってしまうこともあり得ます。

今回は、同棲でおすすめの間取りを、私の体験談と合わせてご紹介しますね!

スポンサードリンク

同棲の間取りのおすすめは?

それでは、賃貸の間取り別に同棲の間取りとして、おすすめかそうでないかをご紹介します。

<1>1K

玄関を開けたらすぐにキッチンがあり、その置くに6~10畳ほどの部屋が1つある間取りです。

賃貸契約書に「一人暮らし用」と書かれている可能性もあるため、同棲して良いかどうかの確認も必要です。

一人暮らしを想定しているため、クローゼットやキッチンが狭く、2人で暮らすには窮屈に感じてしまいます。

もし同棲OKでも、実際に暮らしてみると布団を敷いたら部屋がいっぱいになってしまうことも。

また、1人になれる空間がお風呂・トイレだけなので、どんなに仲が良くてもストレスに感じてしまうこともあるため、同棲にはおすすめしません。

<2>1LDK

リビングダイニングキッチンにもう1部屋プラスした間取りです。

1Kよりは広くなるので、2人でも暮らせますが、2人分の荷物を入れられる収納かどうか要確認です。

実家にある程度荷物を置いておけるなら、十分暮らせます。

1人で過す時間がちょっとあれば良いカップルや、一緒に起床&就寝できる生活リズムが同じカップルにはおすすめです。

ここまでは別々の寝室にするという選択肢はありません。

次の2Kからは寝室を分けることができます。

こちらの記事も参考にしてみてください。
>>同棲カップル 寝室やベッドは別々?一緒にすべきか分けるべきか迷ったら?

<3>2K

小さめのキッチン+部屋が2つの間取りです。

それぞれ別の部屋を持つことができるので、資格取得などで勉強したい人や、生活が不規則な人には2K以上がおすすめです。

2Kだとキッチンにダイニングスペースがないため、お互い生活が不規則で1人で食事をするカップルや、外食が多いカップルにおすすめです。

部屋の1つをリビングダイニングにしてもう1つを寝室にする、という使い方もできます。

それぞれ別の部屋にしてしまうと、コミュニケーションが取りにくくなり、ケンカしたときの仲直りが難しい、というデメリットもあります。

<4>2DK

大きめのキッチン+部屋が2つの間取りです。

それぞれの部屋プラス共有のスペースができ、同棲には一番おすすめです。

ダイニングスペースもしっかりあるため、自炊して家で食べることが多いカップルにちょうど良いです。

家で仕事をすることがあっても、別々の部屋があるとしっかり集中できます。

<5>3DK

大きめのキッチン+部屋が3つの間取りです。

かなり広いので、家賃も上がってしまいます。2人暮らしには少々広すぎるため、同棲にはおすすめしません。

ですが、広さにゆとりがあるため、結婚して子どもが産まれてもしばらく引っ越さずに済みます。

結婚後も引っ越さず、子どもをすぐ作りたいカップルにおすすめです。

<6>3LDK

広めのリビングダイニングキッチン+部屋が3つの間取りです。

ファミリー向けの部屋なので、結婚して子どもが2人産まれてもOK!というくらいの広さです。

ただし、ここまでの広さが必要になるのは、子どもがそれぞれの部屋を持つくらい大きくなってからなので、同棲カップルにはおすすめしません。


スポンサードリンク

同棲の間取り 私が実際住んだのは「3LDK」

先ほど3LDKをおすすめしない、と書きましたが、私が住んでいたのは3LDKの部屋でした。

ファミリー向けの部屋なのですが、同棲どころか部屋を借りた当初は一人暮らしをしていました。

理由は、条件に合う部屋が他になかったからです。

家賃も予算内だったためこの部屋に住んでいたところに、今の夫と住むことになりました。

大きめのリビングダイニングキッチンに洋室が2つ、和室1つという間取りで、2人で住むには広すぎました。

洋室1部屋を荷物置きにし、和室に布団を敷いて一緒に寝ていました。

もう1つの洋室は、私が一人暮らしのときに使っていたベッドを置きっぱなしにして、風邪を引いたときにはこの洋室を使いましたが、あとは完全に持て余していました。

部屋にスペースがあると、新しく物を買っても捨てることをしないため、どんどん物が多くなってしまいます。

今思えば、面倒でももう少し狭くても安い部屋を探して引越せば良かったと後悔しています。

まとめ

いかがでしたか?

同棲生活に憧れを抱いているカップルは多いと思いますが、部屋の数によっては相手の存在がストレスになったり、逆に溝を感じてしまうこともあります。

同棲には2K以上をおすすめしましたが、ずっと同じ部屋でケンカしないカップルももちろんいます。

大切なのは、2人の性格や生活スタイルをよく考えることです。

お互いストレスなく、気遣い合える部屋が見つかると良いですね!

>>同棲についてこちらにまとめてみました<<

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください