電力自由化 マンション賃貸の人は契約できるの?メリットがあるのはどんな人?

6db4b8860e01a7f4e6575e4f0073aa88_s

2016年4月から電力自由化、何かと世間で話題になっていますしテレビCMでもよく見ますよね。街頭でチラシを配ったりキャンペーンをやっていたり。

でも初めて一人暮らしをする人にとっては、電気代の仕組みや契約なんて、ややこしそう・難しそうって思っちゃいますよね。

マンション賃貸でも契約できるのか、またそのメリットをお伝えしていきます。

スポンサードリンク

電力自由化 マンション賃貸だと契約できるの?

基本的に、契約出来ます。

ただし、大家さんがその集合住宅を一括でどこかの電力会社と契約を結んでいる場合は契約を変更することはできません。

また、珍しいケースですが大家さんが直接電気代を徴収している場合もできません。

電力自由化の仕組みとしては、まず電力を作るところ・送るところは今まで通り国が許可した企業が受け持っています。すなわち東京電力や関西電力などです。

今までは、電気を作るところから送り売るところまで、これらの企業が行っていました。

そのため、どこかにコストがかかると消費者から徴収する料金に上乗せできてしまっていたのです。

しかし電力を供給する会社は他には存在しないため、顧客が奪われることもなく、市場競争もおきずにいたのです。

そしてこの度、電力自由化により、この小売りの部分に他社が参入できるようになりました。

つまり、電気の質や届き方は今までと同じで、どこから電気を買うかというところだけが変わるのです。

ということは抑えられるコストは企業によって変わっていくのです。ここに料金の差が出てくるのです。

電力自由化 マンションでメリットがあるのはこんな人

電力自由化で最大のメリットは、電気代が安くなることです。

そして電気代は基本的に「多く使う人ほど安くなる」の構造です。

私は2015年まで東京電力圏内で一人暮らしをしていました。

当時でんき家計簿という、電気の使用量のグラフや、お得なプランへの切り替えを提案してくれるものに登録していましたが、一人暮らしだとあまり使えるプランもなく、切り替えても大差なかったりといった状態でした。

電力会社にとっては一人暮らしはうまみのない顧客なのかもしれません。

また、私の友人でこれから電力自由化に参入する某大手企業に勤め人がいるのですが、彼も「月8000円~1万円くらいの料金なら安くなる可能性がある」という話でしたので、やはり一人暮らしで契約を切り替えるのは、本当に安くなるのかよく確認した方がよさそうです。

またオール電化の場合は、現行のプランで安く抑えられているところも多いので、今契約を変えると逆に高くなってしまう可能性もあります。

オール電化のプランが出てくるまでは様子をみた方がいいかもしれません。


スポンサードリンク

賃貸マンションで一人暮らしで、より良い契約に切り替えるとすると、

・使用料に関係なくコストダウン企業をさがす
・何かほかの料金とのセット割を使う

という方法があります。

セット割というのは、たとえばガス・携帯・ガソリンスタンド・クレジットカードなどです。

今お使いの会社で検討してみるのがよさそうですが、携帯やモバイルWi-Fiなどのように解約時の制約などが厳しい会社もあるようですので注意が必要です。

あとは単純に、月の利用料金が一人暮らしの平均より高い場合は安くなる可能性があります。

私は一人暮らしをしていた頃ペットを飼っていた関係で冷暖房費がかなりかさみ、多いときで月7000円ほどでした。

ためしに当時のデータで使用料の試算をしてみると、最大4500円ほど安くできる企業・プランがあるようです。

ただし、冷暖房がそこまでかからない季節の料金(月2500円ほど)で試算すると、やはり値引き率も下がりました。

まとめ

基本的に賃貸マンションでも一人暮らしでも電力の契約を変えることはできます。

ただし、設備や建物によってはできないこともあります。

また最大のメリットである料金を安くすることは、使用状況や、今他に使っている固定費とセットにすることで可能になります。

しかし条件によっては逆に高くなってしまうこともありますのでよく注意してください。

【関連記事】
>>電力自由化 私たちにとってのメリットデメリットって?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です