花粉症 鼻水がひどく夜眠れない時のおすすめ対策法!病院には行くべき?

c9fe21600f32e032109d3a7b5b792d18_s

中学生くらいから10年以上毎年花粉症で、悩まされています。

主な症状は鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみです。特に鼻づまりで夜に寝れない事が本当に辛い・・・><

今日はそんな私の花粉症の鼻水がひどくて眠れないときのおすすめ対策法をお伝えしますね。私と同じような症状に苦しんでいる1人でも多くの方の参考になりますように。

スポンサードリンク

花粉症 鼻水がひどく眠れないときのおすすめ対策法!

花粉症というと、やはり鼻水で苦しんでいる方が多いのではないでしょうか?

私の場合、昼間くしゃみが止まらなかったり仕事で接客中に鼻水が垂れてきて大変困りました。四六時中鼻をかんでいるので、ゴミ箱はすぐにティッシュの山。春先は毎日が本当に憂うつです。

もちろんマスクは毎日着用しているのですが、日中何度もマスクを取り替えないといけない程、くしゃみと鼻水ですぐに汚れていました。くしゃみのしすぎで腹筋が筋肉痛になったこともあります。

昼間もひどいのですが、やはりつらいのは夜の鼻づまり。経験したことがある方はご存知だと思うのですが、夜の鼻づまりが原因で、なかなか寝付けないんですよね・・・

私が鼻水で鼻がつまり夜に寝れない時は、鼻洗浄の機械で鼻を洗っています。

ぬるま湯に洗浄剤を溶かした物をセットして、片方の鼻から洗浄剤を吸い込んでまた鼻から出すという作業を10回ずつ両鼻とも行います。

母の勧められて最初は抵抗がありました。始め少し痛いと感じますが、慣れるとさほど痛くないです。寝る前に行うと、鼻が通ってすごく楽になって、眠れるようになったので、やって良かったです。

スポンサードリンク

逆に鼻水がダラダラ出て眠れない事もあり、そんな時はティッシュを丸めて鼻に突っ込んで寝ていました。そのために口はいつもカラカラで、喉が痛くなりましたが・・・

花粉症 病院行くべきか

私は毎年病院にかかって、アレグラを処方してもらっています。

アレグラは眠くなりにくいので助かってます。花粉の出る前、1月くらいから毎日飲んでいます。やはり、アレグラを飲んだ年は、飲んでいなかった年に比べると症状がマシな気がします。

飲んでいなかった時は本当に毎年鼻を取って洗いたいと本気で思っていました。その頃に比べれば確かに良くなっています。

アレグラは、症状が出てから急いで飲んでも、すぐに症状が改善される訳ではないです。花粉の出る前から毎日根気よく飲まなければ効果は出ないと先生に言われました。

ちなみにドラッグストアで売ってるアレグラを購入するより、病院で処方してもらった方が安くつきます。また、2ヶ月分くらいまとめて処方してもらうことも出来るので、花粉症の鼻水で病院に行くべきか?とお悩みの方は、ぜひ一度病院に足を運んでみることをおすすめします^^

まとめ

また、今年から始めたのですが、毎日ヨーグルトを食べるようにしています。

詳しい事は分からないのですが、ヨーグルトを毎日少量でもいいので食べると、花粉症が改善されると聞いて始めました。

結構前にその噂は耳にしていたのですが、最初聞いた時はまさかと思って実行はしませんでした。ですが、親戚のおばさんが数年間毎日ヨーグルトを食べたところ、長年苦しんでいた花粉症から解放されたという実体験を話してくれました。

叔母は本当にキツイ花粉症で、毎晩夜に寝れない程苦しんでいたそうです。それが今では多少くしゃみや鼻水はあるものの、それ程辛くないと思えるところまで治ったそうです。それを聞いて、数カ月前から私も始めました。

まだ始めてからそんなに経っていないので、次の花粉の時期に効果が出るとは期待出来ませんが、叔母の体験を信じて続けて行こうと思います。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください