一人暮らしで手取り20万なら家賃はいくらくらい?貯金はできる?内訳も

8c0822942c24ab5bf27703cbc1267dc6_m

就職と同時に一人暮らし、あれこれ楽しみたいけど、何かあった時のために貯金も必要ですよね。

例えば急病で病院にいくことになってしまったり、急な飲み会が入ったり、終電を逃してしまってタクシーで帰る羽目になったり。そんなときに「今月はギリギリなのに!」と焦ったりするのはイヤですよね。

今回は手取り20万円の方の場合。一人暮らしにかけても大丈夫な家賃はどの程度なのか、貯金はどれくらいできるのか、お伝えしていきます。

スポンサードリンク

一人暮らしで手取り20万なら家賃はいくらくらい?

まず家賃は手取りの1/3までに収めると、大体の人は生活ができます。なので手取り20万とすると6万5千円までの物件なら問題ないでしょう。

ただ気をつけなくてはならないことが2点あります。

家賃のほかに共益費が発生する場合

マンションやアパートの管理費、あるいは駐車場代や駐輪場代として使われる費用です。ほとんどの不動産会社では家賃と別に記載しています。

手取り20万円は本当?

手取りではなく支給額が20万円だった場合、そこから保険料や年金・研修費などが天引きされる場合があります。

実際に自分が使えるお金は20万円より低くなりますので注意が必要です。給与明細をよく見てみましょう。

私、そうかも・・・?と思ったそこのアナタ。こちらの記事も参考にしてみてくださいね↓
一人暮らしで手取り17万なら家賃はどのくらい?貯金はできる?内訳も

手取り20万で一人暮らし 貯金は可能?

可能です。

一番手っ取り早く確実は方法は、財形貯蓄でお給料から天引きしてもらうことです。ただ財形貯蓄はいつでも引き出せるわけではないので注意が必要です。

私の場合、職場が小さい規模で財形がなかったので自分で貯蓄用の口座を作り、月初めにお金を移動させていました。

普通預金にいれてもいいですが、定期預金のほうが金利はいいので、ご自身の銀行で確認してみてください。

ただ定期預金も満期までは引き出せないことが多いので、「何かあった時に使う貯金」と「貯蓄用に金利のいい貯金」と区別しておくと安心です。



スポンサードリンク

手取り20万で一人暮らし 理想の生活費の内訳とは

まず固定で毎月かかる生活費を見ていきます。

  • 家賃
  • 共益費込で、収入の1/3である6万5千円とします。

  • 光熱費
  • 電気・ガス・水道ですが、これも地域によってかなりの差があります。
    私が一人暮らしをしていた神奈川県横浜市(電気・都市ガス・水道)ではすべて合わせても1か月で1万円はしませんでした。

    なので仮定として光熱費を月1万円とします。

    ※地域差について
    まず電気については台所がIHだと高くなりがちですし、冷暖房をどのように使うかでかなり開きが出ます。

    ガスは都市ガスとプロパンがありますが、プロパンは都市ガスの1.5倍くらいします。水道料金も地域によって違います。

    引っ越す前にそこまで徹底的に調べるのは大変ですが、この月1万円という仮定があくまで一例であることはご了承ください。

  • 通信費
  • 主に携帯料金とインターネットです。

    携帯もスマホだと月1万円前後でしょうか、最近は格安スマホもありますので個人差は開くポイントです。インターネットは自分で引く場合は、どの業者も月3千円はかかります。

    こちらも参考に↓
    一人暮らしのインターネット代の平均は?料金を少しでも安く節約する方法をマスター!
    一人暮らしにネットは必要か?いらない人はこんなタイプ!節約術も

  • 食費
  • 自炊するかしないかで相当な開きが出ます。逆に言えば節約ポイントですので、貯金したい人には是非自炊をおすすめします。

    自炊派の方はこちらもどうぞ↓
    一人暮らしの一ヶ月分の食費 自炊派ならどのくらい?おすすめメニューも

    私の場合は毎月2万5千円もあれば、好きなものを買って食べても十分でした。

    友人との外食や飲み会などの交際費は含めず、一人分の食材費とたまの外食やお惣菜を買ってきての中食です。

    なお、職場の昼食には半分くらいの割合でお弁当を持参していました。

    職場によってはお弁当はもっていけないこともありますので、3万円としてみましょう。

    食費は一般的には固定費には含みませんが、私は家計簿上では固定費に組み込んでいました。

    なぜなら、食べたいものは食べたい性分なので、気づくと食費が跳ね上がってしまうから。

    固定で毎月いくらと決めておくと「今はちょっと我慢しよう」とか「先週我慢したし今日はおやつを買おう」とメリハリもつけられます。

以上の固定費の合計が11万8千円。

20万円-11万8千円=8万2千円。

この金額で貯蓄と生活をしていくことになります。

あとかかる費用の項目は交際費、服飾費、などでしょうか。

月に2万円貯金をしたとしたら、残りは6万2千円。

何にお金をかけるかは人それぞれです。趣味や洋服にかけるお金はここからどのような配分で払っていくかを考えてみるのがいいですね。

まとめ

お金の不安というのは、じわじわとメンタルを圧迫してくるものです。

しかしお金は数字。落ち着いて整理すれば、何にどれくらいお金をかけたらいいのかはちゃんと見えてきます。そして忘れがちですが、何にお金をかけるかは稼いだその人が決めればよいのです!

いろいろと書きましたがあくまで一例です。ぜひ楽しい一人暮らしを満喫してください。

>>一人暮らし、まとめてみました。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください