節分 鬼は外福は内の意味って?どちらが先なの?正しい掛け声を知りたい!

d0a3be15b7cde050fc572b8cb7f873d0_s

2月2日は節分!今年もその季節がやってきましたね。

毎年恒例行事として我が家も豆まきをやってまいりましたが、子供にふと聞かれました。

「福は内ってどういう意味なの??鬼は外ってどうして??」

・・・あなたは答えることができますか!?子供にわかりやすく説明してあげましょう♪

スポンサードリンク

鬼は外の意味って?

鬼というと、皆さまはどんなものを思い浮かべるでしょうか?

やはりこういった・・・

143a5724562343721ed3aafa5f7b6d06_s

角が生えてて、歯がするどい、虎のパンツをはいた、鬼さんでしょうか?^^

節分で皆が言っている「鬼」とは、こういう「鬼そのもの」を指すのではありません。「邪気」を指します。

邪気とは!

1すなおでない、ねじけた気持・性質。わるぎ。 「―のない人」
2.人の身に病気を起こすと信じられた悪い気。 「―を払う」

節分で追い払いたい「邪気」は、1と2どちらも当てはまりますね。

自分自身の心に潜んでいる、宿っている悪い考えを払いたい!

また、家族や自分自身が病気にかからないよう、悪いものを退治し、健康を願いたい!

そんな追い払いたい「邪気」を、退治する。それが節分の「鬼は外」の意味だったんですね^^

福は内の意味って?

先ほどの「鬼は外」と対照的な「福は内」

文字通り、「幸運を招いてくれる神様はどうぞ内へ」という意味です^^


スポンサードリンク

福は内 鬼は外 どちらが先?

そうそう、「福は内」と「鬼は外」どちらが先なのかはご存知ですか?「鬼は外!福は内!」「福は内!鬼は外!」どちらが正しい豆まきの掛け声なのでしょうか。

先ほどお伝えした意味からしても、「家にいる鬼(邪気)は外に出して、そのあと幸福の神様は内に入れる」という考えが一般的です。

鬼(邪気)がいなくなったところに、福を招き入れる。
この流れが理想ですので、豆まきの掛け声は「福は内」が先なのではなく、「鬼は外」が先です。

節分の豆知識♪

「福は内、鬼も内」という掛け声もある地域があります。

鬼を招き入れるってどういうこと!?病気や災いを受け入れたいってこと!?なんて思っちゃいますが、この場合の「鬼」は悪い邪気ではないんですね。

鬼そのものを神様、または神様の使いとしている神社が全国にはいくつか存在します。

そのような場所ですと、「鬼」そのものは悪い意味ではなく、それこそ「福」と同じ意味合いを持つものとなります。

鬼が地名についている地域や、鬼を祭っている神社がお近くにありましたら、ぜひ節分の際の掛け声に注意してみてくださいね。

まとめ

今日は「子供に節分の「鬼は外福は内」について説明」したいときのためにまとめてみました。

子供とせっかく楽しむ年間行事の一つ「節分」ぜひぜひ怖い鬼のお面をパパにかぶってもらって、家にいる邪気を追い出し、幸運を呼び込みましょう♪

※豆を投げつけるときは本気でやらないように!大豆ってかたいので、当てられる方はかなり痛いんですよね・・・(苦笑)

皆さまのおうちの節分も素敵な思い出になりますように。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください