結婚の挨拶 何を話す?私はこんな話題で乗り切った

6813464f3c237de96ca4d35fd30b34c2_s

結婚を前提に付き合っているカップルなら、結婚前に同棲することを検討したことがある人は多いと思います。

お互い同棲に合意したら、結婚前でも両親への挨拶は欠かせません。

初めて彼女の両親に会うときは、どのような話をすれば良いのでしょうか。結婚してからも長い付き合いになるので、失敗できませんよね。

今回は、彼女へ結婚の挨拶に行くとき、どんな話をすればよいかをご紹介します。

スポンサードリンク

結婚の挨拶 何を話す?

挨拶に行くことが決まったら、まず彼女に両親の情報を教えてもらい、自分との共通点や質問しやすいことを探してみましょう。

まず最低限知っておきたいのは、性格、年齢、職業、勤務先などの基本情報です。

自分の親と同じくらいか、話しやすい性格か、どんな仕事をしているか分かっていれば、話しやすいと思います。

上記に加えて、趣味や休日の過ごし方、出身、嫌がりそうな話題も知っておくと、当日さらに話を広げやすいです。

当日の流れは、まず彼女の家に着いたら、

「○○と申します。本日はお忙しいところ、お時間をいただきましてありがとうございます」

という感じで自己紹介と、時間を作ってもらったことに対するお礼を言ってください。

彼女から事前に説明があるかもしれませんが、改めてしっかり自己紹介しましょう。名前、年齢、職業、勤務先、出身と現住所、家族構成を言っておくと良いです。

彼女の両親としては、娘とはどれくらい付き合っているのか、結婚して娘をしっかり任せられるか、娘が苦労しないかどうか、どんな家庭を築くのか気になるところです。

事前に彼女と2人で以下のポイントについて話し合っておき、自己紹介が終わったら、説明してください。

・■■で知り合い、●年付き合っている
・結婚を前提に、●年同棲したい
・●年後に入籍、結婚
・結婚後は△△に住むつもり

具体的なプランがあると、彼女の両親も安心してくれます。

あなたの親の体調が良くない等、結婚に不利な条件があるかもしれません。ですが、隠していて後で分かるとさらに印象が悪くなるため、事前に言っておいてください。


スポンサードリンク

結婚の挨拶 私はこんな話題で乗り切った

私の場合は、今の夫と同棲していた部屋が実家と近かったこともあり、よく一緒に実家でごはんを食べていました。そのため、いざ結婚の挨拶をする時でも、あまり緊張していない様子でした。

初めて夫が私の実家に遊びに来たときは、ガチガチに緊張していました。

軽くお茶をしただけですが、そのときの話題は、実家の場所、自分の仕事、両親の仕事、家族構成、趣味くらいだったと思います。

夫の仕事は車の整備士なのですが、私の実家は全員メカに弱く、「車が壊れたら直してね~」と冗談半分にお願いして、和やかなムードになりました。

仕事や趣味で両親との共通点は特にありませんでしたが、自分たちが今まで知らないことも興味深いもので、仕事の内容で盛り上がっていました。

また、当時実家で犬を飼っていたことからペットの話や、私の小さい頃の話も出ました。

個人的な感想ですが、自分の家族と仲が良いとアピールすると両親の印象が良いのでおすすめですよ^^

夫は両親、夫、妹の4人家族で全員と仲が良く、先に結婚していた妹さんに生まれた女の子(姪っ子)のこともとても可愛がっていました。

姪の話が出ると、私の両親は「家族思いで、子ども好きで、優しい人だね」とかなり好印象を持ったようでした。

まとめ

いかがでしたか?

彼女の両親に初めて会うのが結婚の挨拶、というのはとても緊張しますね。

距離が近いのであれば、結婚の話は別の機会にして、とりあえずお茶の席だけでも設けておくと緊張が和らぎます。

どうしても緊張してしまいますが、沈黙や反対を恐れて混乱してしないように気を付けてください。結婚すれば、彼女の両親はあなたの両親にもなります。

彼女の両親も彼女を大切にしていて、あなたにも悪い印象を持ってもらいたくないと思っています。

落ち着いていれば、きっと終始和やかなムードで挨拶できますよ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください