一人暮らしの一ヶ月分の食費 自炊派ならどのくらい?おすすめメニューも

bf06f1781ef0f6534cc9bf2b4b41ce37_s

春から就職を機に一人暮らしをする人は多いです。

今まで実家で暮らしていた人は、何もかもが初めてで、楽しみも多い分不安なこともたくさんありますね。

あまり家事をしてこなかった人にとっては、自炊は不安材料の一つです。

なるべく節約したい人にとっては、自炊はしなけなりませんし、似たような料理ばかりで栄養が偏ってしまうのも気になります。

一人暮らしをしている人は、どれくらいの食費で生活しているのでしょうか?今回は、一人暮らしの一ヶ月分の食費と、おすすめのメニューをご紹介します。

スポンサードリンク

一人暮らしの一ヶ月分の食費 自炊派ならどのくらい?

まず、一人暮らしで自炊をしている人の食費を見てみましょう。

献立や食べる量にもよりますが、一ヶ月の食費はだいたい2万円以内が平均です。

これを一ヶ月を30日として割ると、1日あたり約666円。1食あたり222円となります。

外食するよりもかなり安くなりますが、買物と料理を上手にしないと、かえって外食よりも高くついてしまうことがあります。

以下のポイントをおさえておくと、上手に節約できます。

  • 上手に買う
  • 買物は計画的に、近所のスーパーの特売日等をねらって賢く行きましょう。
    お肉や魚などは、安いときに多めに購入し、1食分ずつに小分けして冷凍しておきます。

  • 無駄なく使う
  • にんじんの皮はきんぴらに、大根の葉は炒める等、ひと手間加えることで『もう一品』になります。

  • 作り置き
  • カレーやシチュー等、大量にできてしまうものは1食分ずつに小分けして冷凍します。
    疲れて帰ってきて何も作る気がしない!という時も、電子レンジでチンするだけなので楽です。

一人暮らしの自炊 私のおすすめメニュー3選!

今まで料理をしてこなかった人は、料理本に書いてあるからといって、聞き慣れない食材や調味料は買わない方が無難です。

かなりの確率で使い切れずに残してしまうため、身近な食材を使った料理からスタートしてみてください。

ここからは、私のおすすめで簡単なメニューを3つご紹介します。

(1)食卓の基本・おみそ汁
【材料】
たまねぎ 1/2個
にんじん 1/3本
卵 1個
ほんだし 小さじ1杯
みそ 大さじ2杯
水 500cc

【作り方】
①たまねぎはくし切り、にんじんは薄い半月切りにします。
②鍋に水、ほんだし、①を入れて加熱します。
③沸騰したら火を止めてみそを溶き入れ、溶き卵を少しずつ流し入れ、軽く混ぜたら完成!

★おすすめポイント★
お味噌汁は毎日の食卓に欠かせません!夜多めに作っておけば、翌日の朝ごはんにも食べられます。翌日分の野菜も切っておくと、次の日が楽です。具材を煮ている間に他の料理を作ることもできます。


スポンサードリンク

(2)簡単・美味しい親子丼

【材料】
鶏もも肉 100g
玉ねぎ 1/2個
卵 2個
水 100cc
本だし 小さじ1/2杯
酒 小さじ2杯
みりん 小さじ2杯
醤油 小さじ1杯
砂糖 小さじ2杯
めんつゆ 大さじ1杯

【作り方】
①鶏肉は食べやすい大きさに、玉ねぎはくし切りにカットします。
②中火に熱したフライパンに鶏肉の皮目を下にして並べて焼きます。
③皮に焼き目がついたら、ひっくり返し、玉ねぎと水、本だし、酒、みりん、醤油、砂糖を加えます。
④火を強めてアクを取り除き、煮立ったら弱火にし、ふたをして5分煮ます。
⑤溶き卵を半分回し入れ、1分煮ます。
⑥卵が少し固まったら、残りの半分を入れて軽く火を通したらごはんに乗せ、完成!

★おすすめポイント★
鶏肉と玉ねぎがあれば作れます。丼物は、「他におかずを作るのが面倒!」というときに重宝するメニューです。卵を2回に分けて入れることで、ふわふわとトロトロの食感を楽しめます。

(3)たくさん作ってお弁当にも!甘辛ピーマン炒め

【材料】
ピーマン 5個
ごま油 大さじ1杯
料理酒 大さじ1杯
みりん 大さじ1杯
醤油 大さじ1杯
かつお節 小パック1つ
いりごま 小さじ1杯

【作り方】
①ピーマンを縦半分にカットし、種とワタを取り除いて5mm幅にカットします。
②フライパンにごま油を熱し、ピーマンを炒めます。
③ピーマンに油が回ったら、酒、みりん、醤油を加え、水分が飛ぶまで炒めます。
④水分がなくなったらかつお節を入れて混ぜ、いりごまをかけたら完成!

★おすすめポイント★
甘辛い味でごはんが進みます。「あと1品欲しい!」というときにぴったりのメニューです。たくさん作っておけば、小分けにして冷凍し、お弁当のおかずにもなります。

まとめ

963c8fb8d6ba5eee57bc0ce1b7798334_s

いかがでしたか?節約のためとはいえ、仕事をして疲れて帰って、一から料理をするとなるととても大変です。

自炊を続けるためには、ほど良く息抜きをすることも大切です。

休みの日にたくさん作り置きをしたり、残業で遅くなったときはスーパーのお惣菜を買う等、自分のペースで頑張ってくださいね。

一人暮らし向けの記事をまとめてみました。こちらもぜひ参考にしてみてくださいね↓
>>一人暮らしまとめ<<

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です