引っ越しのダンボールが足りない!当日入手する方法や代わりにできるものはコレ!

9dd50d39747a5c7d575e57d6583c6dd9_s

引っ越しのときに一番よく使うと言ってもいいのがダンボールです。丈夫で軽く、便利なのでよく使いますよね。

しかし、初めての引っ越しは何が起きるかわからないものです。

あらかじめ購入していたダンボールが、いざ荷造りをしていたら足りなくなってしまった、そこのアナタ!

そんな時にどうすればいいのか、当日に即日入手する方法やダンボールの代わりになるものをご紹介していきます!

スポンサードリンク

引っ越しのダンボールが足りない場合はどうする?

引っ越しをする際、いくつかダンボールを購入しますよね。しかし、引っ越しの荷造りはどのくらいの量になるか、いざ荷造りをしないと分かりません。

その結果ダンボールが足りない、ということになる人も多いようです。

まずは、ダンボールが足りなくなったら、依頼している引っ越し業者さんにダンボールを譲ってもらえないか交渉してみましょう。業者によっては個数制限付きで無料で譲ってくれます。

他にダンボールが手に入る場所は「スーパー」「ドラッグストア」です。

食材や商品の納品で使われたダンボールがたくさん余っているので、無料配布しているところが多いです。

しかし、もともと商品が入っていて磨耗していることが多く、耐久度は新品のものより低いので注意が必要です。

引っ越しのダンボール 当日なんとしてでも入手するには

引っ越し当日、譲ってくれるお店が近くになかったり、開いていない時間帯にダンボールが足りないことが判明したらどうしたら良いのでしょうか。

その場合は、引っ越し業者さんに頼みましょう。多くの引っ越し業者さんは、ダンボールが足りないことを見越して予備を持ってきてくれています。

大抵の場合は有料ですが、新品で丈夫なので中古品よりは安心して使うことができます。

しかし、業者が来た時点でダンボールが足りないということは梱包が終わっていないということです。

その場合業者さんに梱包を頼むこともできますが、有料で値段もはることが多いので、できるだけ引っ越し前日までにダンボールを揃えて荷造りを終わらせましょう。

余裕をもって荷造りをして、余計な出費を減らしたいですね。



スポンサードリンク

引っ越しのダンボール代わりにできるものはこれ!

このように何かと使うことが多いダンボールですが、たくさん揃えても荷解きの際に邪魔になることが多いです。

何箱も使ったダンボールを、解体するだけでも疲れてしまいます。

そんなときは、ダンボールの代わりになるものを使いましょう!引っ越し当日にダンボールを購入したくない場合でも、使うことができます。

まず最初に紹介したいのが「ゴミ袋」です。軽くて丈夫で、かさばらないことが一番の利点です。荷解きも解くだけなので簡単です。

しかし、所詮はゴミ袋なので安定性や、中身を保護する力はあまりありません。軽いカゴなどを中に入れて、中身が安定するようにして使います。

また、尖ったものなどを入れると破れやすいので、入れないようにしましょう。

硬くて尖ったものや、破れやすい食器類はダンボールに入れて、衣服類や柔らかいものはゴミ袋に入れるなどの工夫をしましょう。

次に便利なのが「布団圧縮袋」です。何かとかさばる衣服を、布団と同じ要領で中に詰めて圧縮すれば、一つにまとめることができます。

使い終わっても畳めばコンパクトですし、冬服などの収納にも使うことができます。

同じように「衣装ケース」も便利です。

透明の窓が付いているので、荷解きのときに探し物がしやすいのが利点です。引っ越し用に購入したあとでも、お部屋の収納に役立ちますね。

最後に

be2edb9f62264e37eb0048024992b8db_s

ダンボールの代わりのものを使うことで、より経済的でエコに引っ越しをすることができますね。

しかし、梱包資材が足りなくなることがないように、何枚かはダンボールを予備として用意しておくことが理想的です。

引っ越しの荷造りを効率よくこなして、快適な新生活をスタートさせましょう。

【関連記事】
>>引っ越しの挨拶 賃貸マンションの場合はどこまでが範囲?
>>引っ越し当日に必要なものって何?便利グッズもご紹介!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です