NHK受信料 テレビ無い場合は支払う必要はあるの?断る方法は?

10ea4d406b2298eaa3ffe1fd48711eb3_s

以前、「nhk受信料 引っ越し手続き」に関して、住所変更すべき人と解約すべき人についてお伝えいたしました。

まだの方はこちらもどうぞ。
>>nhk受信料 引っ越し手続きについて!住所変更すべき人と解約すべき人って?

今は若い世代中心に、テレビ離れが進んでいます。新しく引っ越す方の中でも、「テレビは全然見ていないから買うつもりがない」と判断している方もいらっしゃいますよね。

そんな中気になるのは、【テレビがない場合でも、NHK受信料は払わなければいけないの?】ということ。

今日はこの疑問にお答えすべく!まとめていきます。

スポンサードリンク

NHK受信料 テレビ無い場合は支払う必要はあるの?

支払う必要がある場合と、ない場合があります。

テレビが無い場合でも、NHK受信料を支払わなければいけない例

テレビ以外でも、受信機として活用できるものを持っている

ワンセグやデジタルチューナー付きであることがまず条件です。この機能がついている、以下のものが対象です。

スマホ、携帯
DVDプレーヤー
カーナビ
パソコン

テレビが無い場合で、かつNHK受信料を支払い必要がない例

受信機付きのものを持っていない。

そもそも、NHK受信料は「テレビが家にあるから」「テレビをよく見るから」という理由で支払うものではありません。

「NHK含む、テレビ番組が見れる受信機を持っているかどうか」が、ポイントとなります。

また、「NHKのテレビ番組を見てないから支払わなくてもいいでしょ?」とよく勘違いされている方がいらっしゃいますが、これも違います。

「NHKのテレビ番組を見ているかどうか」が焦点なのではなく、「NHKのテレビ番組が見れる環境があるかどうか」が焦点なのです。



スポンサードリンク

nhk受信料 断る方法は?

引っ越した後に、突然ピンポーンと「NHKのものです、NHK受信料を契約のご説明に参りました」と、スタッフの方がいらっしゃいます。

先ほどお話しした通り、「テレビもない、かつワンセグやデジタルチューナーが内蔵されているものも持っていない」場合ですと、払う必要がありません。

これは、放送法の第64条にしっかり規定されていることですので、堂々とした態度で伝えてしまって問題ありません。

NGな断り方

「NHKの番組を見ていないから、NHK受信料を払いません」

先ほどお伝えした通り、「NHKのテレビ番組が見れる環境があるかどうか」がポイントです。ですので、番組を見ていないから、というのは理由にならないんですね。

スムーズに断るためには、このあたりをしっかり理解しておきましょう。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今まで実家暮らしですと、このNHK受信料の存在自体を知らないという方も多いです。

いきなりNHKのスタッフの方に「契約を~」なんて言われたら、びっくりしてしまいますよね^^;

この記事を読んで、自分はNHK受信料を払うべきなのか、そうではないのか?をしっかり理解しておきましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です