同棲カップル 一ヶ月の生活費の平均はいくら?折半すべき?

fabaa78cfcb906d537c6c5df724645b6_s

結婚をする前にお互いをより良く知るために同棲するカップルはとても多いです。

春は新生活がスタートする季節なので、そんなカップルが特に増えます。住む場所が決まり、2人で準備を進めるのはとても楽しいことですね。

ですが、意外と見落としてしまいがちなのがお金のこと。

家賃に限らず、食費や日用雑貨などの生活費のことはもう考えていますか?

実家から出ていない人なら、月々の生活費にどれくらいかかるか不安もありますね。

今回は、同棲カップルの一ヶ月の生活費がいくらかかるか、また彼氏と折半するべきなのかをご紹介します。

こちらも一緒によく読まれています♪
>>同棲するときって会社に報告は絶対すべき?住宅手当は申請可能?
>>同棲カップルの家賃の相場ってどのくらい?支払いは分担にすべき?

スポンサードリンク

同棲カップル 一ヶ月の生活費の平均はいくら?

同棲生活では、どれくらい生活費がかかるかを見ていきましょう。

東京都内で同棲生活をしているカップルの月々の生活費は、家賃を含めてだいたい15万円です。

内訳は以下の通りです。

・家賃 10万円
・電気代 7000円
・ガス代 4000円
・水道代 3000円
・食費 3万円
・日用雑貨費 5000円

2人の共通の出費は最低でもこれくらい。これにデート費や外食費が加わると20万円前後となります。

同棲カップル 一ヶ月の生活費は折半すべき?

先ほど書いたように、同棲生活では月々だいたい15~20万円生活費にかかります。正社員の初任給くらいのお金がポンと飛んでしまうことが分かりますね。

あなたも彼氏も働いているなら、折半する方が良いです。

仮にどちらか一方に貯金が多くあっても、それに頼らずに2人の月収から生活できるようにやりくりしてください。

彼氏の収入の方が多いなら、少し多めに出してもらうのもアリですが、万が一同棲生活をした上で問題があり、お別れすることになった場合にもめないように、最初に何割ずつ出すか、決めておきましょう。



スポンサードリンク

同棲カップル 一ヶ月の生活費を折半するならこんな方法

生活費を折半する際、どのような方法があるかご紹介します。

(1)どちらかが一括で支払い、毎月請求する

あなたか彼のどちらか一方が決まって支払いをし、月の〆日に決まった割合をもう一方に請求する方法です。

支払ったときのレシートをきちんと保管しておき、都度家計簿に書き込みましょう。家計簿を付けておくことで、何にどれくらい支払っているか分かるので、節約するときにも役立ちます。

ちゃんと記録していないと、支払っている人が損してしまうので、マメな人におすすめの方法です。

(2)決まった額を共同の財布に入れる

食費、光熱費、デート費用などをまとめて目安の予算を設定し、あなたと彼氏の両方が決まった金額を共同の財布に入れる方法です。
買物に行くときは必ずこの財布を持って行って支払います。

足りなくなったらまた一定の金額を入れて、月の〆日に余った場合は貯金するか配当します。

(3)家賃と生活費に分けて担当を持つ

家賃は彼氏、生活費はあなたという具合に、担当を分けて支払います。

この方法だと面倒がないのですが、一方は固定でもう一方は変動してしまいます。

大型連休やクリスマスなどのイベントがある月はデート費が増えて、どちらかに負担が増えてしまうかもしれないので、家計簿をつけておくことをおすすめします。

私が同棲していたときは、(2)の方法で生活費を折半していました。

2人で残高の確認ができ、節約意識も共有できたと思います。家賃は私の口座から引き落としにしていたので、財布の分とは別に家賃の半額を今の夫からもらっていました。

こちらもぜひ参考に。
>>同棲中の貯金方法が知りたい!彼と知りたいお金がたまるコツとは?

まとめ

04441ec7aa258602ba6ba5a15ba9cdec_s

いかがでしたか?

同棲前のデートでは、男性側が多く支払っていることが多いかもしれませんが、生活費となると毎日のことなので、ずっと払ってもらうというワケにはいきません。

お金の話題を切りだすのは、少し億劫に感じてしまいますがとても大切なことです。

将来結婚するつもりで同棲するなら、結婚生活の練習と思って、お互いの金銭感覚を合わせおくと、結婚生活をスムーズにスタートできますよ。

【同棲・関連記事】
>>共働きの家事分担 同棲カップルはどうしてる?生活費折半の場合は?
>>同棲後の結婚の手続き完全版。市役所や身分証明書関係もこれでばっちり!

お互い支え合って、頑張ってくださいね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です