ルームシェアを始めるときに必要な初期費用ってどのくらい?

7ca95d406f80e772fb47701b88ffbb24_s

ルームシェアをすれば色々な費用が確かにお得になります。

では、初期費用はどうでしょうか?物件を借りる際の敷金、礼金、仲介手数料など初期費用は月々の家賃などとは違い高額なので、気になるのではないのでしょうか?

今回は、私の体験からルームシェアの時にかかった費用を紹介したいと思います。

こちらの記事も一緒に読まれています♪
>>賃貸の敷金 礼金 仲介手数料の違い。いつ払うの?タイミングを知りたい!

スポンサードリンク

ルームシェアを始めるときに必要な初期費用

ルームシェアを始めるときに、まず考えるのは賃貸物件の費用ですよね。

これは部屋によるので何とも言えませんが、だいたい敷金が家賃の1ヶ月~2ヶ月分、礼金も家賃の1~2ヶ月分、仲介手数料が0.5~1.5ヶ月分ぐらいだと思ってください。

また、家賃そのものも1ヶ月分前払いの場合が多いです。

さらに火災保険などの保険に加入を義務付けられていることが多いです。平均としては家賃の5~6倍程度と思っておくのが良いでしょう。

その費用については完全折半するのが一般的です。

場合によっては、部屋の広さが違う場合狭い部屋に住む方が若干少なめという場合もあるでしょうが、1畳ぐらいしか変わらないとなると、そんなに大した金額にはならないので、あまりケチケチするなよ~なんて思われてしまう場合もありますしね(笑)

狭い部屋に住む方としては、当然の主張のようでもありますが・・・。

家賃は各都道府県でばらつきがあると思いますので、後ほど私の場合の一例を紹介します。

他にも、ルームシェアを始める際には、家電などの大きい出費があります。

1人暮らしをしていた者同士であれば、元々持っていたものを使用することができるのですが、全ての家電が2個になってしまうため、1つを処分する費用がかかります。

ここは結構悩みどころで、シェア解消になったときに、家電を捨ててしまった方はまた買わなければいけませんよね。なので、家電を持ち寄る際も、しっかりと話し合いをしましょう。

片方のみが1人暮らしをしていて、片方が初めての1人暮らしであれば、家電を持ってる方のものをそのまま使用するのが一般的です。

そもそも、それが嫌だとなるようであれば、ルームシェアはうまく続かないと思います。

そして、一番お金がかかるパターンですが、お互い初めてであれば、家電を購入しなければなりません。必要と思われるのは、冷蔵庫、洗濯機、炊飯器、掃除機、電子レンジ、ガスコンロなどではないでしょうか?

ただ、その手の家電はこだわらなければセット購入などで安くそろえることもできるので、15~20万円ほど余裕を見ておけば十分ですよ^^



スポンサードリンク

私がルームシェアを始めたときに実際かかった初期費用

私が実際にルームシェアをした時の初期費用について実際にお話しようと思います。

東京都杉並区の物件でしたが2LDKで家賃は14万円
これを交渉して13万にしてもらいました。なので1人6万5千円です。

なので、前払い家賃が13万円、敷金は2ヶ月分だったので26万円

礼金は2ヶ月だったものを交渉で1ヶ月分にしてもらい13万円

仲介手数料は交渉でなしにしてもらいました。

それに火災保険が年間で2万円のものだったので、合計で54万円。家賃の約4倍で済ますことができました!我ながら値切り上手!(笑)

これをそのまま折半して1人27万円の初期費用で済みました!

そして、お互いが1人暮らしからのルームシェアだったので、家電は持ち寄りになりました。

私の住んでいた所が洗濯機共同の物件だったため、洗濯機は友人のものを使用しました。冷蔵庫はキッチンに1台と、リビングに1台設置して、キッチンは料理用。

リビングのものは2人ともお酒が好きだったため、晩酌用(笑)として利用していました。

その他の2台ある家電ですが、収納が多めの物件だったため、性能の良い方を使用し、片方は収納しておくという形でおさまりました。

唯一購入したのが、ガスコンロでした。お互いに今までの物件がガス台がもともと設置されてある物件だったんです。

そのため、家電にかかった費用は、ちょっと良さげなガスコンロ1台で3万円1人1万5千円です。

私の場合は、2人合わせて57万円が初期費用でした。1人分だと28万5千円ですね。

まとめ

04441ec7aa258602ba6ba5a15ba9cdec_s

いかがでしたでしょうか?今回は私の体験を多く盛り込ませてお話させてもらいました。

色々なパターンがあると思いますが、安くおさえるコツとしては家賃を交渉で少しでも下げるということです!敷金礼金は家賃の~ヶ月分となっていることが多いため、家賃を下げれば必然的に他のものも下がっていきます。

値切りというと、少々ケチくさい響きがしますが・・・交渉!というと聞こえもいいですよね?(笑)

是非、少しでも初期費用をおさえたいと思った時は、交渉!チャレンジしてみてください!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です