同棲って意味がない?私が実際感じたメリットデメリットとは

d8f4b95fba7bd22bef526b659468e51c_s

交際中の彼氏と結婚を前提に同棲を考えているあなた。

「同棲してみたい・・・」と思いつつも、「このままうまくいけば結婚するし、必要ないかな?」という思いも。

今の生活を変えてまで、同棲をする意味はあるのでしょうか。

同棲しなくても、入籍や結婚式が終わってから住み始めても良いのかも・・・。

たしかに、親の反対や職場との距離、経済的な理由などから同棲が難しいケースも多々ありますし、実際同棲期間を経ずに結婚した夫婦はたくさんいますよね。

今回は、私が実際に経験した『同棲せずに結婚』と『同棲して結婚』した場合のそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

こちらもよく読まれています♪
>>同棲を始めるときに両親に挨拶いる?いらない?同棲経験者20人に聞いてみました

スポンサードリンク

同棲って意味がない?

まず、「同棲は意味がないのか?」について考えてみましょう。答えはもちろん人それぞれですが、『こんな同棲には意味がない!』という事例をご紹介します。

「ただ好きだから一緒にいたい」という漠然とした理由

付き合って一緒にいると、誰でも「このままずっと一緒にいたい!」という気持ちになりますね。

もちろんその気持ちが育って結婚の意識が固まっていくのですが、勢いで同棲してしまうと後悔してしまいます。お互いの生活スタイルが大きく変わりますし、お金もかかります。

「一緒に住んでみたけど、嫌いになったから別れる」なんてことになったら時間もお金ももったいないですよ。

同棲するときは、しっかりと「結婚する前の練習!」という覚悟を決めた方が良いです。

期限を決めずにダラダラと・・・

結婚の話が出る前にどちらかの部屋での生活がスタートして、そのままダラダラ・・・となってはいけません。

私は、結婚は本人同士だけの話ではなく、家同士の話だと思います。ダラダラと一緒に住んでいては、2人は楽しくてもお互いの家族を心配させてしまいます。

ですので、半年や一年など期限をしっかり決めておきましょう。

同棲のメリットとデメリット

私は一度結婚に失敗しました。最初の結婚のときは同棲せずに、結婚式の日から新居に住むようになりました。私の親が厳しかったこともあり、同棲はおろか、お泊りもNGでした。

相手が悪かった・私が甘かったということもありますが、このときは同棲しなかったことのデメリットをヒシヒシと感じました。

二度目の結婚は、最初の失敗があったのでお互いの両親に了解を得て同棲をしました。

ということで、同棲のメリット・デメリットを私の経験もふまえてご紹介します。

同棲のメリット

①相手の結婚への意識を再認識できる
→ 浮気されていないか、異性の影はないか等を身近でチェックできます。

②金銭感覚は合っているか分かる
→ 一緒に生活する中で、食料品や日用品などにどれくらいお金を出すかを確認し、金銭感覚のズレがないか分かります。

③常に相手への配慮ができるか分かる
→ 外出時の身支度で相手を待たせないか、家事の分担ができるか、相手の気持ちや体調を思いやっているかなど、デートだけでは確認できないことが分かります。

④社会的常識・マナーがあるか分かる
→ 細かいことかもしれませんが、ご近所さんに挨拶できるか、同棲の手続きがしっかりできるかといった社会的な常識やマナーがあるのかも確認できます。

スポンサードリンク

同棲のデメリット

①見せたくないところがバレてしまう。
→ スッピンや寝起き顔といった、今まで彼に見せなかった「素」の自分も見せることになります。掃除の仕方が雑だったり、料理がダメだったり・・・弱点や欠点を見て彼が引いてしまう可能性があります。

②一人の時間が減る
→ 今まで一人でのびのびしていた時間が減るので、ストレスに感じることがあると思います。

③金銭的リスク
→ 2人ともが実家暮らしをしていた場合、部屋を借りて家具・家電をそろえるところから始まるので金銭的リスクが発生します。もちろんそのまま結婚することになれば問題ありません。

④通勤スタイルの変化
→ どちらかの部屋で同棲した場合、引っ越した方の通勤スタイルが変わります。会社までの距離が近くなれば問題ありませんが、遠くなる場合は早く家から出なければならず、生活のリズムが変わってしまいます。

⑤親の干渉
→ 同棲すると、やはり親は気になってしまいます。「どんな部屋に住んでいるのか」「ちゃんと結婚するのか」と、あれこれ心配してしまうので、今まで以上に2人の付き合いに口を出される可能性があります。

まとめ

d6fdce893a45a63a3f531f3810a2e4a2_s

いかがでしたか?同棲せずに結婚したとき、当然ですが新鮮さはありました。

しかし、いざ新婚生活をスタートしてみると、家事を手伝ってくれない、浮気されていたなどなど「事前に知っておけば絶対結婚しなかったのに!」と後悔することが多々ありました。

二度目の結婚のときは、新鮮さはありませんでしたが、新婚生活をスムーズに始められて、夫の良いところが悪いところを上回っていたので「やっぱり結婚しよう!」と納得することができました。

個人的には、結婚の意思をより強くするためにも同棲は必要だと思います。

結婚までの期限を設けてお互いのご両親に承諾してもらって、幸せな同棲生活を送られるといいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください