マンション購入後 管理費は年々上がるってホント?共益費との違いとは

dcedb3ba07c1c893a9d6610d0e10ac28_s

マンション購入を検討中のあなた。頭金や諸経費を支払ったら、あとは毎月の住宅ローン返済があります。固定金利を選べば、賃貸と違って更新や家賃の値上がりはなく毎月決まった額を返済すれば良い、と思っていますか?

ちょっと待ってください。実はマンションを購入すると、住宅ローン返済の他に管理費と修繕積立金がかかります。他に、駐車場や駐輪場の使用料がかかる場合もあります。さらにこの管理費と修繕積立金は、だんだん値上がりしていくのです。

マンション購入後の管理費について、こちらの記事でご紹介します。

スポンサードリンク

マンション購入後 管理費は年々上がるってホント?

マンション購入すると、住宅ローン以外に、毎月管理費と修繕積立金を支払う必要があります。しかも、この管理費と修繕積立金は年が経つと金額が増えていきます。

住宅ローンは、購入した物件の金額を支払うものです。それに対して、マンションを管理するのにかかる費用が管理費です。

マンションには、管理や清掃の人員を雇用したり、そのための用具を購入したり、保険に加入したり、植栽の手入れをしたりなど、管理にさまざまな費用がかかります。それを、マンションに居住している人たちで分担するのが管理費となります。

また修繕積立金は、定期的に行う必要のある大規模修繕に対して、少しずつ積み立てておくものです。

住居はどうしても時間が経てば、傷んで手入れが必要になります。例えば、防犯カメラの点検をしたところ1台故障していたので取り替えるというような日常管理に必要な費用は、管理費でまかなわれます。年が経っていけば、こういった小さな補修はあちこちで必要となり、結果、管理費が値上がりすることになります。

修繕積立金も同様に、年々修繕が必要な場所が増え、また頻度も上がることになるため、値上がりします。

さらに値上がりする背景としては、マンションの入居率が下がった場合です。マンションが経年劣化して、空室が出てきた場合、少なくなった住人で管理費や修繕費を分担しなければならないため、負担が大きくなるのです。

もちろん管理費や修繕積立金の額はマンションによって異なります。管理費の場合は各部屋の持分に応じて金額が決まるので、同じマンションでも広い部屋の持ち主はその分多く管理費を支払う必要があります。


スポンサードリンク

マンション購入 管理費と共益費の違いとは

共益費とは、マンションの共有部分に対する維持・管理の費用のことです。

管理費は、それぞれの持分に対する維持・管理の費用です。

賃貸でも、家賃の他に管理費と共益費を支払う場合があります。マンション購入の場合合わせて管理費と言われていることが多いでしょう。

ちなみに、マンションを購入する場合、どこからどこまでが共有部分かをよく確認しておくことをおすすめします。例えば、その家の人しか使わないものではありますが、バルコニーや玄関ポーチは共有部分に当たります。

他、マンションごとで共有部分となっている箇所があります。その部分は共益費として負担することになりますし、万が一汚損などした場合に、自分の家の話だけでは済まなくなりますので、注意が必要です。

私の場合の管理費・修繕積立金ですが、マンション購入を検討し始めた時、そんな出費のことは全く考慮していませんでした。

月々の住宅ローンの返済額ばかり気になっていたところ、実は管理費と修繕積立金は上がっていくという予測グラフを見せられました。

夫はそれがショックで、その後の不動産会社の方のお話があまり耳に入らなかったそうです。その後落ち着いて検討したところ、建物の経年劣化が理由なので仕方がないことだとよくわかりました。

また私たちの購入物件は大規模なマンションだったので、管理の内容の良さの割には、大勢で分担するため費用の割安感がありました。同じ管理費の額でも、例えば小規模なマンションでは管理人が日中だけの勤務になるけれど、大規模であれば24時間常駐、というような違いが出ます。

そういったことを理解し、また月々の支払額の上昇も頭に入れて、返済計画をよく考え、購入する必要があります。

まとめ

マンションを購入すると、ローン返済以外にかかる管理費と修繕積立金があり、それらは年々値上がりの可能性があることをお伝えしました。

この値上がりは経年劣化にともなうもので、やはり管理や修繕はおろそかにはできません。管理がしっかりしていないマンションは資産価値を損ないます。管理費と修繕積立金の将来の支払額のシミュレーションをしっかり見て、将来にわたり返済ができるかどうか、よく検討してみてください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください