住宅ローンと教育資金 どちらを優先すべき?子供3人の我が家の場合

dcedb3ba07c1c893a9d6610d0e10ac28_s

子育て世代でマンション購入を検討されている方は多いでしょう。

私も、結婚してマンションを購入し、それから子供が生まれて3人の子供たちを育てています。お子さんが生まれてからマンション購入される方、将来のお子さんを考えてマンション購入される方、それぞれいらっしゃいますが、気になるのは住宅ローンと教育資金のこと。

どちらも絶対に必要なのはわかりますが、いっぺんに両方貯金というのは無理がありますね。その場合、どちらを優先した方がいいのでしょうか?こちらでは私の例を挙げてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

住宅ローンと教育資金 どちらを優先すべき?

住宅ローンと教育資金、どちらかと言ったら、やはりお子さんのための教育資金優先を私はおすすめします。

その理由は2つ。子供の教育には、どうしてもお金がかかり、それは待ったなしのタイミングで必要だからです。そしてもう1つは、資金を用意するなら早ければ早いほど有利だからです。

子供の教育資金が必要なのは言うまでもなく、高校の無償化も叫ばれてはいますが、大学でいえば逆に授業料の値上がりが検討されています。少子化だからといって、教育にお金が不要になるわけではないのです。やはり親の立場として、子供に少しでも多く将来の選択肢を用意してあげたいですよね。

それでは、その教育資金の貯蓄を始めるタイミングはいつにするかというと、学資保険の場合、早ければ早いほど良いです。

学資保険は教育資金を準備する方法の1つです。純粋に学資を貯蓄する目的なら、返戻率が高いのでお得です。返戻率が高いというのは、払い込んだ保険料に対し、満期で戻って来る金額の割合が高いという意味です。

ただ、学資保険にも医療保険などの役割をつけていくと、保険の意味合いが上がり、返戻率は下がります。教育資金として考えるなら、契約者、つまり親が亡くなった時には保険料支払い免除、というのを最低限にしておきましょう。これで最悪の場合親が亡くなってしまっても、子供の教育のための資金は残せることになります。

保険会社により異なりますが、学資保険は加入できる子供の年齢が決まっていて、早く加入すればするほど、保険料が抑えられます。ただ、会社によっては元本割れする学資保険もあるので、返戻率などは十分に比較検討することをおすすめします。

払込期間が短いものや、満期になる前に入学祝い金という形で一時的に学資金をいくらか受け取れるものなど、タイプはさまざまです。

住宅ローンについて、月々のローン返済以外の臨時返済である繰上げ返済は、返済の額や期間を減らすことができる有効な手段です。ですが、目安として少なくとも100万円程度の額がまとまっている必要があります。


スポンサードリンク

私の場合、子供が3人いますので、それぞれに学資を用意しています。

ちなみに2人は学資保険、もう1人は学資ではなく、貯蓄性の高い保険に加入しています。子供が生まれる前に一度住宅ローンの繰上げ返済をしています。でも、産後は私が専業主婦になったこともあり、余剰金の貯蓄は難しくなりました。

お子さんが生まれると、夫婦共働きの体制が少なくとも産後1年ぐらいは崩れますし、その後も一時的に収入の減るご家庭は多いでしょう。

就業できなかったり、残業ができなかったりして収入が減ることが考えられます。その場合に、やはり優先はお子さんで、子供の学資の貯金をしっかり確保した上で、余裕があるならばそれはローンの繰上げ返済に充てるという順番がおすすめです。

まとめ

マンションを購入する子育て世代におすすめなのは、まずはお子さんの学資のための貯金を考えること。

そしてもし、その上で余剰があるならば、貯蓄して繰り上げ返済しましょう。ローンの期間や返済額を減らすことで、更に家族のために有効にお金を使っていくことができるようになります。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください