マンション購入 頭金はどのくらい用意する?入れなくても大丈夫ってホント?

898edacfb8a7c8f5c091854e06c4ba23_s

いよいよマンション購入となり、住宅ローンを組むことになりました。最初の頭金はいくらにしたら良いのか、悩みますよね。購入金額に対して、頭金を払った残りの額を金融機関から借り入れることになります。

でも、マンションのチラシで「頭金0円で月々の支払いはたったの○万円!」といううたい文句を見たことがありませんか。

最近は金利が安いので頭金を入れなくても大丈夫、という話があります。

頭金は本当に必要なのか、入れるとしたらどのくらいの額が必要なのか、こちらでお話ししていきます。

スポンサードリンク

マンション購入 頭金はどのくらい用意する?

マンション購入時の頭金について、私は頭金の支払いをおすすめします。

住宅ローンは、マンション購入金額に対して、頭金を支払った残りの額を借り入れ、月々返済するものです。頭金がなければその分借り入れが大きくなります。つまり月々の負担が重くなるのです。

頭金が要らないという人の意見としては、今は金利が安いし、住宅ローン減税もあるので住宅ローンの返済に有利な条件が揃っている。頭金が貯まるまで待つくらいなら、

頭金なしで住宅ローンを組めば良い、余剰があるなら減税期間終了後に繰り上げ返済すればよい、というものです。

しかし、金利はいつまで安いかわかりません。住宅ローン減税は現行の制度でも、年末のローン残高の1%と、支払った所得税のうち、どちらか低いほうが上限です。この制度も先まで保証されているわけではありません。

これから長期の支払いを必要とするのに、借り入れ額が多いほうが良いということはありません。

もし貯蓄額が少ない状態で、収入額に大きな増加がないなら、借り入れ額が多いことで月々の支払いが困難になってしまうでしょう。借り入れは最小限にしたいものです。


スポンサードリンク

それでは頭金の額はいくらあれば良いかというと、購入金額の20%が目安です。

4,000万円のマンションであれば800万円の頭金、という感じですね。さらにローンの返済額は、1年間で年収の20%程度にするのが良いという目安があります。

4,000万円のマンションの場合、800万円の頭金を払って、残りを35年ローンにして約9万円の支払いをするのに、適正年収は500万円以上というのが非常にざっくりした計算です。

もちろん頭金の額が多ければ多いほど、借り入れ額が減りますので、支払う利息も低くて済みます。

でも、「それなら貯金800万を全額頭金につぎ込む!」というのはおすすめできません。マンション購入には最初に頭金以外にもかかるお金が必ずあるからです。

代表的なものは、諸費用です。

これには手付金や仲介手数料、不動産取得税や登記費用などが含まれます。4,000万円のマンションなら200万円程度と、案外まとまった額となるのです。また更に引越し代や、引越しに伴い新しく家具や電化製品を購入することも出てきます。

私たち夫婦がマンション購入をした際に、自分たちではまとまった貯金ができていたつもりでしたが、ローン返済以外に毎月かかる管理費や、諸費用のことを知って不安な気持ちになりました。

特に管理費が毎月同額なわけではなく、築年が増していくことにより修繕が必要となるので年々増額していくと知った時の衝撃は大きく、そのあとの不動産会社の人の説明があまり耳に入らなかったほどです。

それで頭金の額にやや弱気になってしまいましたが、ローンのシミュレーションをした時に、「頭金と返済額の希望でいうと2ヶ所から借り入れをしてみては」と言われました。でも借り入れ2件は避けたいと思い、1件だけの借り入れで済む金額を入れることにしました。

まとめ

不動産会社はマンションを売りたい立場なので、頭金が少なくても相談で大丈夫、といった話を持ちかけてくることがあります。

ですが、ここは冷静になって、収入と返済のバランスや万一が起きた時の対応についても、家族のためによく考えて決めてくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です