繰り上げ返済をするなら貯金はいくら残すのがベスト?

898edacfb8a7c8f5c091854e06c4ba23_s

マンション購入で住宅ローンを検討中のあなた。ローン返済の手段として効率的なのが繰り上げ返済です。

月々のローン以外に繰り上げ返済をする場合、金額はどれぐらいにしたら良いでしょうか。できるだけ多く返済したい、だけど全部貯金をつぎ込むのも心配、と悩んでしまいますよね。

こちらでは、繰り上げ返済をする場合の金額の目安について、私の体験を踏まえてお話しします。

スポンサードリンク

繰り上げ返済をするなら貯金はいくら残すのがベスト?

繰り上げ返済の金額を決める際に、手元に残す貯金額としては、私のおすすめは200万~300万です。もう一つの目安としては、年収の半分程度です。

繰り上げ返済は、ローン返済の方法として、借り入れした元本の返済に充てることができます。利息を先に多く返していく毎月の返済と比べると、元本の借り入れが減るのでとても効率が良い方法です。元本が減れば、すなわち利息も減ることになるからです。

また返済の金額やタイミングについて、自分たちでコントロールすることができるというのも利点です。

逆に言えば、その金額やタイミングを自分たちで見極めなければいけない、ということでもあります。ここで失敗はしたくないですので、返済額と貯金額は慎重に検討しましょう。

まず、繰り上げ返済の金額をいくらにしたら良いかという目安は、100万円がひとつの基準です。

繰り上げ返済をするのに手数料の要不要は金融機関によって異なります。手数料がかからない場合も例えば50万円以上など、一定額以上の返済が条件であることもあります。あまり少額では手間ばかりかかります。

一方で、いつまでも貯金を温めていても、その間にも利息を払い続けなければならないので、せっかくの繰り上げ返済の効果が薄れます。

または、1年分のローン返済と考えても良いですね。ざっくり言うと、1年間の返済額を繰り上げ返済すれば、ローン返済期間が1年縮まります。実際はさらに利息の効果が出ますので、まずは1年短縮を目指して貯蓄をしてはいかがでしょう。

ここであまり無理をして貯金ぎりぎりまで繰り上げ返済することはおすすめしません。収入額の変動や、不測の事態はじゅうぶん起こり得ることだからです。

ここで貯金を使い果たしてしまい、次のボーナスが会社の業績悪化で支給されないなどとなった場合、最悪の事態は別のところから借金をしなければならなくなります。住宅ローンを減らすための繰り上げ返済で借金をしてしまう、本末転倒です。


スポンサードリンク

私が繰り上げ返済をした時は、まだ夫婦二人だけで共働きでした。私は派遣での勤務だったので年収は高くありませんでしたが、当分は働けるだろうという見通しのもと、300万を残して100万の繰り上げ返済を行いました。

私たちの場合、返済手数料は無料でした。マンション購入後、2年目で繰り上げできたことで、返済の見通しが変わり、多少気持ちが楽になりました。

この調子でまた繰り上げ返済ができたらよかったのですが、その後子供が生まれ、家族が増えて、正直なところ繰り上げ返済をする余裕はなかなかできませんでした。出産・育児のため退職して収入がなくなったり、子供のために学資保険に加入するなど出費も増えたりしたためです。

そういった時に無理やり繰り上げ返済のお金を捻出するよりは、例えば子供が小学校に入るなど、ある程度生活と収入の見通しがついたら返済を検討するというのもひとつの考え方です。

まとめ

いかがでしたか?繰り上げ返済と手元に残す貯金額について、私のおすすめをご紹介しました。

繰り上げ返済はローン借り入れの元本を減らせる効率の良い返済方法です。2,300万円の手元資金の他に、100万円程度の貯金ができたら、なるべく早めに返済をするのがおすすめです。

とはいえ、貯金を残さずに繰り上げ返済したり、無理に投資を始めたりすると、逆効果になりかねません。今の生活やこの先の家族のライフイベントを考えて、安心できる額を残した上で繰り上げ返済額を決定してくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です