医療事務の面接って何聞かれるの?気になる面接の流れを徹底解説!

c93252b32e79f7a90d88594a34cdf866_s

ついに面接までこぎつけたあなた。

面接っていくつになっても、何回受けても緊張するものですよね。

今回は、私が実際に医療事務募集で面接を受けた記憶を呼び戻しながら、面接で聞かれたことや、どんな流れで進められるのかなどをお話しします。

スポンサードリンク

医療事務の面接って何聞かれるの?

やはり一番は「どうして医療事務の仕事をしたいと思ったのか?」「なぜ、うちの病院を選んだのか?」「医療事務の資格とか持ってるの?」などは必ず聞かれます。

理由はなんでもいいです。高齢化が進む中で重要となってくる医療の仕事に携わりたいとか、安定して長く続けられる仕事をしたいからなどで十分です。

大切なのは、なぜ、そこの病院を志望したのかという志望動機です。

標榜する科に興味があり働きながら学びたいですとか、病院の口コミなどを調べて、その病院の特性を知り、どんなことを学びながら仕事をしたいとか、前向きな、成長を目指すような言葉はかなり響く様子でした。

また、「医療事務として働く上で大切なことはなんだと思いますか」、と聞かれ、正確性や常に患者さん目線に立つことなどと伝えたものの、協調性が大事だと言われたこともありました(そんなの当たり前じゃないかと内心イラっとしました。笑)

どんな面接でもそうですが、自分をしっかりアピールしないからこそ、協調性については問われたのだと振り返ります。

即戦力になる人材を求めている病院は多いですが、努力して成長していけるような人材も求めています。

私の場合は後者の理由から選考に受かりました。

よく見せようとせず、ありのままの自分で面接を受け、自然な流れで自分から出る言葉を大切に、自分に合った職場の内定を勝ち取りましょう。


スポンサードリンク

医療事務 気になる面接の流れを徹底解説!

総合病院の場合は事務長さんと、小さな町医者のような医院ではドクターと一対一で面接しました。

何気に聞かれるのが今日はここまでどうやってきたのか?ということです。家を出てから徒歩なのか、バスなのか、何分ほどかかるのか、何駅を利用したのかなど、事細かに聞かれました。

きちんと通えるかどうかを判断するためなのか、リラックスさせようとしているのか、記憶力のために聞いているのか、真偽はわかりませんが、この質問は6つ受けて6つの病院で聞かれました。

又、カルテの電子化に伴い、パソコンはどの程度いじれるのか(マイクロソフトのWordやEXCELなどの操作)等も聞かれました。

そして、必ず聞かれますのが「最後に何か質問はありますか?」という質問です。

これは必ず質問した方が良いです。質問がないなんて、興味を持っていないんだろうという判断をされるのか、答えなかった所ではすべて落ちました。

事前にインターネットなどで、その病院のホームページや口コミなどを調べ、気になることを一つはみつけて面接に臨むのが良いでしょう。

まとめ

医療事務の面接といっても特別な何かを聞かれるわけではありません。

ですので、固くならずに普段通りの自分でいられるようにすることが一番良いでしょう。

しかし、資格を持っているのかどうかは聞かれます(今思えば、履歴書に書いてあるのになぜ聞くのかしら)し、受け答えを見て、患者さんとのやりとりがスムーズに出来るかなども見ているのかもしれませんね。

また、職場の先輩から聞いた話によると、もう玄関の入り口から面接が始まっていて、医療事務の人も受付にいて立ち振る舞いを見ているそうです。

きちんとして足を閉じて座っているか、背筋を伸ばして座る姿勢、携帯電話を取り出して時間つぶしなどしていないか、不審な点はないかなど見ているとのことです。

面接地に一歩入ればもう面接は始まっています。気を引き締めて臨みましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください