医療事務と一般事務の違いとは。将来性があるのはどっち?

8a8320b3e63e28fa78a52562639c0cbb_s

事務職って雑用するだけなのでは?医療事務と一般事務なんて、医療の雑用と、普通の会社の雑用の違いなのでは?なんて思っていませんか?

今回は、その同じ「事務職」でもそれぞれの職務の違いと、これから仕事を始め、続けて行くにあたってどちらに将来性があるのかを解説していきます。

スポンサードリンク

医療事務と一般事務の違いとは。

まず、わかりやすく一般の事務の説明をします。一般事務は皆さんが想像する通り、電話交換や、雑務として、例えば消耗品の在庫管理や発注業務、封書の宛名書きなど周りの方の仕事を円滑に進めるためのサポートをする仕事です。

しかし医療事務は、上記の内容はもちろん行なっております。それに加え、患者さんと医師との架け橋となる仕事です。

ドクターには話しづらいけど、という話や、来院してすぐ今日はどんな症状があって来たなどと話をされる方もいらっしゃるので、それをドクター用に主訴、症状、期間などを簡易的にまとめたメモをすぐ作成しカルテと一緒に渡したりします。

やはり医療事務は病院の顔といいますか、患者さんが初めて見る職員になるので、柔軟な、あたたかい、話しやすいなどの印象を持たれる振る舞いが求められます。

つまり、医療事務は患者さんと医師、看護師へのサポートまでをする役目になります。

患者さんの気持ちに寄り添って、患者さんが満足のいく診療を受けられる手助けをするのが医療事務の仕事です。

患者様にありがとうと言われた時に、一番の仕事のやりがいを感じます。

また、診療報酬請求業務を行うが一番の医療事務の職務ですので、この請求が違っていると売上や、患者さんの支払い請求金額に関わってくるのです。

何か一つの間違いだけで、課徴金してしまうこともあり得ます。一人一人の患者さんのカルテを隅々まで見逃すことなく、日々間違いなく仕事をすることが求められます。

そのためにも事前に医療事務の勉強をしておくことで大まかな流れだけでも掴めるので、やはり勉強をしておくことをお勧めします。


スポンサードリンク

医療事務と一般事務 将来性があるのはどっち?

もちろん医療事務です。

一般事務の仕事は新入社員が任されてもおかしくない仕事内容もあり、年齢を重ねて行くと、結婚を機にやめる方も多い印象があります。

年齢を重ねても、電話交換や雑務しかできない社員などいかがなものでしょう。

しかし、医療事務は近年でも人気が上がるほど、再雇用ですとか、初めて就職するにしても、長く続けられる印象があります。

具合が悪いときにベテランの事務のおばちゃんがいたら、なんだか安心しませんか?

私の職場でも、基本的には辞めた方も産休育休扱いで再雇用しており、顔ぶれがあまり変わらないようにしていました。

それに、現代は少子高齢化社会ですので、ますます医療が重要になって、需要が広がっています。

実際に新規開業する医師も年々増えており、やはり新規開業医にとっては、医療事務の仕事をして来た人や、資格を持っている人、勉強をして来た人を優遇して採用し、円滑な医療運営を目指していることが多いそうです。

まとめ

少子高齢化社会において、高齢者の割合が多くなるということは、今後医療事務の職は必要不可欠になってくることでしょう。

自分の祖父母世代の方々の健康を守るためにも、事前に医療事務の勉強をして、健康増進の手助けをしたいと思いませんか?

実務では、この病名にはこのお薬、逆にこのお薬にはこの病名、お薬の量の一日最大量はどの位かなどの知識・記憶していくことまでもが、ドクター、看護師をサポートする上で求められてきます。

少しでも医療事務の知識をつけておくことが、医療事務員として働くことに有利になってくることでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください