面接の逆質問 医療事務ならどんなことを聞いたらいい?

c93252b32e79f7a90d88594a34cdf866_s

いざ、面接となりました。

どんな仕事の面接でも最後に「何か質問はありますか?」と聞かれるのが一連のパターンとしてありますよね。

当日言われたときにとっさに考えるのはできれば避けたいし、事前にどんな質問をするか考えてから面接に臨みたいものですね。

今回は医療事務の面接に向けて、どんな逆質問をしたらいいのか?筆者の経験を元に詳しくお伝えします。

面接の逆質問 医療事務ならどんなことを聞いたらいい?

まずは自分が疑問に思ってることを素直に聞くのが一番です。

医療事務に限らず、お給料のことであったり、福利厚生のことは誰もが気になる内容ですよね。

今後勤める可能性がある医院ということでしっかり確認しておきたいことですし、面接側としてもしっかり理解してもらった上で採用したいと考えています。

もちろん、これらを面接で聞いても差し支えありません。

また、医療事務員として入職するんだ!という強い意気込みを表したいと思うならば、私はこんな逆質問もおすすめします。

「診療に関してどのような理想を掲げていらっしゃるのか」
「1日何人くらいの患者さんがきて、どういう人が来るのか」
「どんな医療事務員を求めているか」

これらの逆質問は、筆者が医療事務の面接で実際聞いた内容です。

「1日何人くらいの患者さんがこられるのですか?」と実際聞いたところ、大体の人数や、どういう疾患の患者様がいらっしゃるから、どんな対応や立ち振る舞い、どの程度の仕事の処理能力が必要になるかというのを話の中で広げたり、面接官の方から教えてくださることもありました。

質問をする中で、どれだけその病院に興味を持ったのか、診療科に興味を持ったのかを印象づけることができます。「ここで働きたいと思う理由」というのをしっかりと持ち、面接内で言葉にすることがとても大事です。


スポンサードリンク

私の場合は、積極的に逆質問をすると共に、「患者様や地域の皆さんとの距離の近い診療所で働き、地域の方々の頼りになれるような医療事務員として、貢献したいと思っています」と面接で伝えました。

一言で医療事務の面接といっても、様々な医院があります。私が面接を受けたところはいずれも街中にある医院ばかりでしたが、都内などのオフィス街にある医院であれば、街中の医院で求められる人材とは異なります。

仕事で忙しいビジネスマンの方が貴重な時間を割いて来るのですから、正確でスピーディーな対応が求められます。

このような医療事務の面接ですと、「忙しい中、診療にこられた患者様が満足のいく診療を受けられるように、医療事務員として的確な対応をし、貢献していきたい」というようなアピールが効果的です。

どんな医院の面接でも、どんな想いがあってこの病院に入職したいと思ったのか、自分はこの病院でどんなことができるか、を話すことが大切です。

私自身の面接の際もそのことを意識し臨んだ結果、希望する医院に入職することができました。

まとめ

医療事務員としての自分の理想をしっかり持った上で面接に臨みましょう。

質問は前もって2~3個考えておいて、面接の中でその病院にあった質問を投げかけると良い結果が得られるのかなと思います。

的外れな質問をしないためにも使い回しのできる質問を自分の中に留めておくことがよいでしょう。

あなたの希望する医院に無事入職できますように、応援しています。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です