夫婦と子供3人の間取り マンションならどうする?

dcedb3ba07c1c893a9d6610d0e10ac28_s

子供が生まれたら広いお家に引っ越したいと思う方は多くいらっしゃいます。

でも、家族に必要な間取りはどういうものか、悩んでしまいますよね。

子供の将来を考えると、やはり個室が必要なのでしょうか。家族に1人ずつ個室が夢だといっても、好きなだけ部屋数を増やせるわけではないですね。

この記事では、子供3人の場合、どういうマンションの間取りが良いかについてお話しします。

スポンサードリンク

夫婦と子供3人の間取り マンションならどうする?

夫婦と子供3人の5人家族の場合、間取りのおすすめは4LDKです。4LDKであれば、子供が1人ずつ個室を持つことができます。

ただ、子供の成長により、大学入学や就職で家を離れるという時には、部屋がいらなくなります。

必ずしも個室が必要でないと考えるなら、3LDKがおすすめです。3LDKを使い分けたり、リフォームや間仕切りで部屋数を必要な時期だけ増やしたりするのも一つの方法です。

3LDKの方が、4LDKと比べるとマンションでは一般的だというのも大きな理由の一つです。

というのは、4LDKは同じマンションの中でも戸数が少ない、価格帯が上がってしまうというように選択肢が限られます。

また、部屋数が多くても3LDKとあまり面積が変わらない場合には、結局微妙に狭い部屋が3つになり、使い勝手が劣る間取りもあります。

それよりは、3LDKでリビングや各部屋に余裕があり収納機能も備えている、という間取りの方が良いでしょう。将来的にリフォームや間仕切り家具での仕切りが可能である、という選択肢がおすすめと言えます。

子供の年齢差や性別の分かれ方によって、個室が必要かどうか、それぞれの家族で考えられるのが良いですね。性別が同じ子供はしばらく一緒の部屋でも良い、年齢差があるので同時に個室3つは必要ない、という場合があります。

一方で、年齢が近く性別が違う子供がいれば、やはり同時期に個室が複数必要になります。それにより、少し広めの3LDKか、しっかり部屋の分かれた4LDKか、という形で検討してみてはいかがでしょうか。


スポンサードリンク

私の家族は、夫と私、子供が3人います。私が現在住んでいるのは3LDK。このままだと子供の個室は確保できません。

マンションを購入した時には、夫婦2人だけでした。これから子供が生まれることを期待してはいましたが、その時点では家族が何人になるかは分かりませんでした。結局3人の子供に恵まれました。子供の性別は、上から女、女、男です。

現在の部屋の使い方は、リビングと続いている和室を子供部屋としており、おもちゃや絵本、子供の衣類を置いています。

北側に2部屋ありまして、広い方の部屋を寝室としています。狭い方の部屋はピアノと本棚、それにさまざまな荷物類を置いている荷物部屋になってしまっています。理想的な使い方とは言い難いのが現状です。

今後子供の成長に伴い、個室にはせずに、今ある部屋を仕切ったり使い分けたりしていこうと考えています。着替えや寝る場所は性別で分けプライバシーが守られる場所を作り、勉強や遊びについてはオープンな場所を使い分けていくという形です。

個室の良さももちろんありますが、今はネットやスマホの普及もあって、なかなか子供の世界が見えづらい時代。敢えて個室でなく、家にいるときは家族の関わり合いをなるべく持つという考え方もあります。

まとめ

子供が3人いる場合、どんな間取りが良いかについてご紹介しました。

子供の誕生や成長によって家族は変化しますが、それで毎回毎回引っ越しができるとも限りません。

4LDKがあれば、子供3人に個室を与えることもできます。一方、広めの3LDKなら、子供の成長に合わせて部屋の役割を変えていくこともできます。

どちらかを、ご家族の考え方や子供の年齢差によって選択されてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください