転職したきっかけ 20代女性の筆者の場合。自分のタイミングを信じることが大切

c93252b32e79f7a90d88594a34cdf866_s

今、転職を考えている方、転職したいけどきっかけがつかめない方もたくさんいると思います。

特に、就職してから数年の20代での転職は「我慢が足りない」といわれることも多く、躊躇してしまう人も少なくないですよね。

今回は、20代で2回の転職を経験した筆者が、転職したきっかけをお伝えします。

スポンサードリンク

転職したきっかけ 20代女性の筆者の場合

私はこれまで、2度転職を経験していますが、どちらもきっかけは同じでした。

そのきっかけとは「今の仕事にやりがいを感じなくなった」ことです。

1度目の仕事は技術職だったのですが、毎日同じことの繰り返しで変化がなく、また自分の能力を活かすことができないと感じ、転職を決めました。

2度目の仕事は、前職の経験を活かして仕事ができるかどうかを重点的に選び、自分の力を目一杯試すことのできる仕事を選びました。

しかし、実際に業務が始まってみると同じ技術職だったこともあり、また前職と同じ繰り返しとなってしまい、やはり転職を決めました。

転職したときに気をつけたことは?

転職回数が増えると、自然と企業からみられる目が厳しくなります。

実際、1回目より2回目の転職の際は、面接でかなり深い部分まで前職を離れるきっかけなどを聞かれることになりました。

そのため、転職の際に志望動機書を書く場合は、志望動機書にある程度の退職・転職理由を書くようにしていました。

ただし、ネガティブな理由は書かず、あくまでもポジティブな転職であることを強調していました。

具体的には「前職で○○の業務にあたり、大変成長することができたが、前職で培った技術やノウハウを活用して、こちらの企業の○○の業務に貢献し、自分のより一層の成長を目標として転職を考えた」といったように、「やりがいを感じなくなった」ことを「成長を望んでいる」風に書き換えるようにしていました。

また転職をするには退職をする必要がありますが、退職理由を聞かれた際にもネガティブな言葉は使わず、自分の限界を試してみたい、ここで成長したことを他のところで活かしてもっと成長したいなど、退職をする企業の方にも不快な感情を持たせないようにするとともに、「3年我慢できないなんて」「若いうちに転職を繰り返すのは良くない」などの心無い言葉を耳に入れないようにも気をつけていました。


スポンサードリンク

転職したきっかけ 決め手は?

転職を考えていてもいまひとつ転職の決め手がなく、転職できないと思っている人もいるのではないでしょうか。

私が転職を決めた決め手は、「自分の限界まで力を発揮しているかどうか、自分の限界を伸ばすことのできる企業に出会えたか」でした。

人は、毎日同じところで同じようなことをしていると、自然と全力を出さなくなっていきます。

もちろんイレギュラーが起こった場合などは全力で対応するかと思いますが、普段の業務で「本気を出す」ことが減ってくる場合があります。

常に全力で居る必要は全くないと思いますが、自分の限界がどこにあるのか、その仕事の中で全力を出す場面がどれくらいあるのかを考えた時に、もっと思いっきり仕事ができる環境に飛び込みたい!と思ったことが転職を考えたきっかけでした。

転職を考え、仕事を探していく中で、1度目の転職の際はいわゆる「同業他社」を選びました。

技術職は会社によって全く業務内容が変わります。そのため、違う会社で一から出直すことで、新しい限界を見つけることができるのでは、と考え、1度目は前職と比べて企業規模の大きなところが見つかったことが「決め手」でした。

ただ、1度目の転職の際の失敗は、企業を見に行くことなく、募集要項や企業のHPなどインターネットでわかる情報だけを見て応募してしまったことでした。

そのため、やはり前回と同じく本気を出せないことが増え、転職を考えるようになりました。

2度目の転職の際は、思い切って全く違う業種を目指すことにしました。

今回はインターネットでわかる情報だけでなく、社会人インターン制度などを活用し、実際に会社の雰囲気や業務内容をしっかり吟味したうえで、働きたいと思った企業から「うちで働かないか」といわれたことが「決め手」になりました。

まとめ

転職するきっかけは人それぞれです。

しかし、「今だ!」と思った時を逃せば、そのタイミングはまた数年巡ってくることはありません。

ですから、タイミングを待ちすぎることなく、自分が今しかない!と思ったタイミングで転職をすることをおすすめします。

今回お伝えしたことが少しでも皆様の転職のきっかけになれば幸いです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です