通関士の資格を活かす仕事とは?筆者が取得して感じたメリットとは

0a287e186211bceff132adb02e0954be_s

英語を使う仕事に興味のある方、海外との貿易に携わるような仕事をしてみたいと考えている方、通関士の資格って持っておいた方がいいのかなと検討されているかもしれません。

これから取得しようと考えている方は、通関士資格を取得するとどんな仕事ができるのかなとか、どういう点で有利になるのか分からないことも多いですよね。

今回はそんな通関士の資格を活かせる仕事について、お伝えしていきます。

スポンサードリンク

通関士の資格を活かす仕事とは?

通関士とは国家資格です。この国家資格を取得して初めて、通関士として仕事をする権利を持つことができます。

まずこの資格が活かせるのは、通関業者です。

日本から貨物を海外に輸出したり、海外の貨物を日本に輸入するためには、税関の承認が必要です。

通関業者とはこの手続きを実際の貨物の保有者の代理として、税関に対して行ったり、貨物の輸送の手配を行ったりと、貿易の要となる手配を行う民間業者です。

通関業者は、営業所ごとに通関士を在籍させることが通関業法で定められているため、通関士は必ず必要とされています。

私が貿易業界で最初に働いたのが、この通関業者でした。

通関業者をはじめ、貿易業界で専門的な事務職を行う業種は貿易事務と呼ばれています。

私はこの貿易事務職として入社し、業務を行いながら通関士の資格を取得しました。

商社や貿易会社でも通関士の資格を活かすことができます。

商社などは、貨物を輸出入する実際の荷主となりますので、通関業者から見るとクライアントという立場です。

私が過去に商社で勤務をしていた際には、既に通関士の資格を取得していたため、貿易の基本的な流れを熟知していました。

様々な貿易取引の局面で、どういう貿易手続きを行わなければならないかが理解できていますので効率的に業務を行うことができます。

通関士資格は、貿易業界の仕事をする上で必ずしも必要というものではなく、業種によっても異なってきます。
例えば貿易保税倉庫等の現場等で働く場合は、通関士の資格は必須ではありません。


スポンサードリンク

通関士の資格を取得してよかったこと

取得するメリットの1点目は、通関士の資格保有者は、給料の上乗せがあるということです。

通関業者は税関への輸出入申告がメインの業務ですが、この申告ができるのは通関士の資格を保有する者のみになります。

実際の申告はシステムを使用して行いますが、その後の税関からの問い合わせ窓口は通関士が行います。

このように通常の貿易事務職よりも業務権限があり、やりがいも感じられます。

メリットの2点目は、転職の際に有利であるということです。

通関業者しかり貿易関係の職種では、応募条件に通関士資格保有者という記載をよく見かけます。

資格保有が必須でなくても、通関士は貿易の専門知識が必要な資格であるため、転職選考上優遇される可能性は高いです。

私は結婚後主人の転勤により、全国の引越があり転職を繰り返していますが、その引越先で再度貿易事務の仕事を探す際には、この通関士資格はたいへん役に立ちました。

面接の際にも、貿易の基本的な知識はある方だという評価をしていただけます。

ただし、引越先が日本の内陸地である場合は、そもそも貿易業界の求人があまりなく意味を持たない可能性もあります。

通関士資格を活かせる仕事を探す上では、その土地近辺に貿易港があるかどうかがポイントになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

通関士の資格は取得するにはかなり難関な資格ですが、保有者は貿易業界の中で重宝される立場であることがお分かりいただけたかと思います。

今後海外との関わりを持った仕事をしてみたいと思われている方は、ご自身のキャリアのためにもぜひ勉強して取得されることをおすすめします。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください