チャペルで結婚式をするなら両親の服装は何がふさわしい?

1bf439aa593ba554f3656150140ef82a_s

理想のチャペルでの結婚式が決まると、わくわくドキドキの楽しみな準備期間が始まりますね。

そんなとき、ふと両親の服装は何をきてもらったらいいのだろうと疑問に思うかもしれません。

神前式ではなくチャペルでの結婚式なら、母親は洋装の方がいいのかな?とかやっぱり両家両親の服装は統一すべき?など悩んでしまいますよね。

今回はそんな結婚式をチャペルで行う際の両親の服装について、どんなものがふさわしいのかお伝えしていきますね。

スポンサードリンク

チャペルで結婚式をするなら両親の服装は何がふさわしい?

私も同じくチャペルで結婚式をあげました。

そんな私達夫婦の両親の服装は、父親がモーニングコート、母親は黒留め袖の正礼服です。

まずこの選択「結婚式で何を着たいのか」については、各両親の意向にお任せすることにしました。

当時私達はチャペルでの結婚式だから、会場の雰囲気に合わせて洋装にしてほしいといった希望も特になかったからです。

結果として、両家の母親ともに「黒留め袖が着たい」という回答でした。

彼の母親は自分の黒留め袖を自前で持っていて、それをぜひ着たいからということでした。

日本人とはいえ最近では、めっきり着物を着る機会も減ってしまいましたよね。そういう私も最後に着物を着たのは、成人式のときです。

少し前の時代では、多くの女性が自分の着物を仕立てていました。

せっかくの機会だから、ぜひ仕立てた自分自身の着物を着たいという気持ちを尊重してあげたいと思いました。

私の母も、おめでたいハレの席、人生でそう着る機会のない留袖を着てみたいとの意向でした。

母は、自前の黒留め袖をもっておらず、祖母から黒留め袖を借りることもできましたが、着る前の準備や、着た後のお手入れがたいへんだからという理由で、私がドレスをレンタルしたドレスショップで合わせてレンタルすることにしました。

着物を着る際はいくつかのアイテムを重ね着して着用していきますし、よほど着物が好きで日ごろから慣れ親しんでいる方でないと、着物のアイテムや小物を準備、着用後のお手入れは面倒なことです。

レンタルをした母は、ドレスショップ側で基本の手配もしてもらえたので、とても助かったと満足していました。

父親の服装については、両家特に希望がなかったので、正礼服であるモーニングコートを同じくドレスショップでレンタルしました。

こちらも基本的なアイテムはすべてお任せできたので、たいへん便利でした。


スポンサードリンク

私達の両親は、結果として服装を統一することになりましたが、ドレスショップの担当の方に伺うとやはり両家統一するのが一般的だということでした。

結婚式では新郎新婦と共に両家両親が並んで挨拶を行う場面があります。そのときに統一されていた方が、やはり見栄えがよく感じられます。

ちなみに洋式なチャペルに、和装は合わないんじゃないかという心配は無用です。

黒留め袖は正礼服としておもてなしをするホスト側の服装として、正しい選択です。

これまで私が参列してきた友人の結婚式でもほとんどのお母様が黒留め袖を着用されていました。

結婚式には自分達の友人以外にも親戚のご年配の方も参列される可能性があります。

ご年配の方の中では、現代でもドレスのような洋装より和装の方が母親の服装として、一般的だと考えておられる方もいらっしゃいます。

結婚式では新郎新婦の次に来賓からの注目をあびるのが両親です。来賓の方に失礼のないよう、正礼服で参列するのがやはり望ましいですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

基本的には会場に種類に関わらず、正礼服での参列をすることが一般的です。

新郎新婦の私達がどうしてほしいという意見よりも、人生経験の長いご両親の希望・意見をまず取り入れてみて
一緒に検討していくのが一番スムーズに服装を決めていくポイントです。

一生に一度の結婚式。

様々な意見を取り入れて、満足のいく結婚式になるといいですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です