引越し 郵便の転送手続きはいつからできる?いつまでに手続きすればいい?

93ace668813f5f070aeffd95a31129ef_s

季節は春、新生活が始まる方も多いのではないでしょうか?

引越しの準備でドタバタして、うっかり忘れてしまうのが郵便の転送手続きなんですよね。

今回は引越しの際の郵便転送手続きについてお話しします。

スポンサードリンク

引越し 郵便の転送はいつからできる?

引越しの際には、最寄りの郵便局の窓口に転居届を出すことで1年間、旧住所あての郵便物等を新住所に無料で転送してもらえます。

転送期間は、転居届を提出した日から1年間となります。

つまり、いつからというのは転居届を郵便局に提出した日から、と思いがちですが、実は違うんです。

住所変更と転送の手続きをするのに最低でも3営業日、長くて7営業日かかります。

ですので、本来受け取り始めたい日よりもできるだけ早く手続きを行うとよいでしょう。1.5~2週間前までには届出をする必要があります。

提出が早すぎることに関しての制限などは特に無いので、ドタバタする前に転送手続きをしておくのがよいでしょう。



スポンサードリンク

引越し 郵便の転送はいつまでに手続きすればいい?

引越しするにあたって最寄りの郵便局に転居届を出す必要があります。

その、転送届に「転送開始希望日」を記入する欄がありますので、引越し当日ですとか、早めに新しい住居を借りられるようなら、借りた日に設定するなどするとよいでしょう。

また、できるだけ早く届けていた方が受け取れなかったということがないので、安心です。

郵便局に転居届を提出してから登録・反映されるまでに3~7営業日(平日が営業日にあたります)かかるので、それを考慮してひっこしの2週間前までには転居届を出しておくと安心できます。

本人確認として旧住所の確認できる運転免許証や健康保険証の提示を求められますので必ずご持参ください。

また、忙しくて郵便局に行く時間のないという方にも朗報です。

スマートフォンを対象として、インターネット上から転送届の手続きができます。

>>あたらしい町にも、しっかり届く安心。e転居 – 郵便局

郵便局のホームページから「e転居」のページへ飛ぶと詳細が記載されていますが、引っ越す前でも、引越しを終えた後でもご利用いただけます。

旧住所宛ての郵便物を新住所宛てに一年間転送でき、また、一家族につき6名までスマートフォンから登録することができますので、家族まとめて変更することが可能です。

私自身、入会している芸能人のファンクラブサイトへ届け出ている住所の変更を引っ越すよりも前に申請したのですが、やはり中々すぐには反映されず、前の住所に送られた郵便物が転送されて来ました。

危うく大切なお知らせを見落とすところでしたが、転送手続きをしていたおかげで郵便を受け取ることが出来、助かりました。

まとめ

引越しの際、つい忘れがちな転送の手続きですが、大切な郵便を紛失しないためにも必ず転居届をだす、又は忙しい方でも身近なインターネットにより手続きをすることで、一年間にわたり転送してもらえます。

いつから、という期限に関しては引越しの1~2週間前には手続きしておくことが望ましいと言えます。

引っ越してから手続きすると、中にはもう手に入らない郵便なども出て来てしまったりするので、引っ越す前に、旧住所の近くの郵便局で構いませんし、インターネットでも、必ず手続きをしておくようにしましょう。

すると、住所変更が済んでいるもの、そうでないものがわかり、一つ足りとも忘れることなく、変更手続きを行えることでしょう。

このような便利なサービスを一年間も無料で使えるのですから、使わない手はありません。

是非、転居届のサービスを活用して、以前と変わりなく不便のない、楽しい新生活を送りましょう。

【よく読まれている関連記事】
>>引っ越し ガスの解約はいつまでに連絡すべき?立会いの流れや所要時間について
>>手取り17万で一人暮らし 貯金はどのくらいを目安にすべき?

>>一人暮らしについてのまとめページはこちら

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です